クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化で詐欺に遭った!体験談とやり口を徹底検証

クレジットカード現金化で詐欺

クレジットカードの現金化は、自分ですることも可能ですが、現金化業者を利用することにより、手間なく短時間で、さらに高い換金率で現金化をすることができます。
また、自分で現金化することはクレジットカードの利用停止になる恐れもあるので危険ですが、現金化業者を利用することでそのリスクを回避できるというメリットもあります。
しかし、クレジットカード現金化業者の中には詐欺、もしくは詐欺まがいなことをする悪徳業者もたくさん存在します。

ここでは、悪徳現金化業者はどんな詐欺をするのか、詐欺にあった方の体験談などを見ていき、詐欺にあわないための対策もご紹介したいと思います。

クレジットカードの現金化でよくある4つの詐欺パターン

いわゆる「悪徳業者」といわれるようなクレジットカード現金化業者を利用すると、どのような詐欺に遭うのかを見ていきましょう。

クレジットカードの情報を盗まれてしまう

「現金化の手続きに必要なので、クレジットカードの暗証番号やセキュリティ番号を教えてください」と言ってくる業者がいます。
さも当たり前のことのように言ってくるので、流れのままに教えてしまうと、クレジットカードを悪用される可能性が高いです。
口コミなどでよく見ている方も多いように、この被害はよくあることで、特に、現金化初心者の人はこの流れが一般的だと思ってしまうので、騙されやすい口です。

基本的に、現金化するのに必要なのは「商品の購入」のみです。
商品の購入はあなたが行うので、クレジットカードの情報を請求してくるような業者は怪しいと思ってかまいません。

また、これはあまり知られていないのですが、現金化業者のホームページからもクレジットカードの情報を抜かれてしまう可能性があるのです。
どんな場合化というと、「暗号化されていないホームページ」の場合です。
トップのページや決済ページのURLが「http://」で始まる場合、通信が盗聴されるリスクがあります。
「https://」であったなら、SSL通信という暗号化がされているので、個人情報を送っても外部に漏れるようなことはありません。

こういったポイントを押さえておかないと、悪徳業者に騙される可能性はアップするので気をつけてくださいね

いつまで経っても振り込まれない

クレジットカードの現金化を業者に申し込んで、クレジットカードが決済されているのに振込みされないというケースもあります。

現金化業者は、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、購入代金のキャッシュバックまたは商品を買い取るという方法によって現金化します

しかし、商品を購入した後に現金化を申し込んだ業者とコンタクトできなくなってしまい、代金を騙し取られたというケースがあります。
ショッピング枠の現金化にはよくある詐欺の方法で、被害に遭われている方もすくなくありません。

換金率を大幅に下げてくる

正直に言ってしまうと、この詐欺の方法をとる現金化業者はかなり多いです。
クレジットカード現金化業界でも、この方法を利用した業者が多いため問題視されています。
現金化業者のホームページには高い利率が記載されていますが、実際に振込される金額はその換金率を10%以上も下回るというようなケースです。
悪徳業者の場合、ホームページに換金率を90%と記しておきながら、実際の換金率は20~40%前後にする業者も存在します。

キャンセル料を請求される

利用者が取引を中止しようとすると途端にキャンセル料を請求してくる現金化業者もあります。
本来ならば、キャンセル料を支払う必要は全くありません。
既に現金化業者へ名前や住所などの個人情報を伝えてしまっていることから不安になり、「キャンセル料」を払ってしまう人もいます。

キャンセル料を求めてくる業者にあたった場合、支払う必要はなく、悪徳業者だと判断してください

クレジットカードの現金化業者は悪徳業者が多い?

結論から言うと、クレジットカードの現金化業者の8割は悪徳業者だと言われています。
逆に言えば、現金化業者に優良店はほとんど存在しないということです。
今まで問題なクレジットカードの現金化を行っていた方は、たまたま優良店を選んでいただけだったかもしれません。

インターネットが今ほど普及する前にはクレジットカードの現金化業者は今以上に多く存在しました。
現在は、口コミサイトや比較サイトが確認できるので、ある程度悪徳業者か優良店かを判断することは可能ですが、そもそもクレジットカード現金化の利用は、カード会社や消費者庁から禁じられていることです。
悪徳業者で現金化による詐欺にあったとしても、そもそも禁じられていることを行っているということで、警察はなかなか助けてくれるに至らないどころか、あなたが現金化を利用したということで、場合によっては罪に問われてしまうこともあります。
そんなことにならないためにもクレジットカードの現金化はおすすめしませんが、現金化業者で現金化を行うのであれば、業者をしっかりと選ばなければなりません。

優良現金化業者を選ぶポイントについては後程「現金化業者を選ぶ時の5つのポイント」にて詳しくお伝えするので、ご覧ください。

クレジットカード現金化業者による詐欺にあった人たちの体験談

クレジットカード現金化業者の詐欺にあった方たちはすくなくありません。
実際にどんな詐欺に遭ったのか、体験者たちの声を聞いてみましょう。

クレジットカードの現金化業者から振り込まれなかった

当時、僕はギャンブルにハマっていました。
その日もギャンブルをやっていたのですが、半日で4万円ほどすってしまい、どうしてもこれを取り戻したくて現金化を利用したのです。
現金化業者の口コミついて調べていると、「換金率が高すぎる業者は気をつけた方がいい!」と書いてあるサイトが多かったので、とりあえずある業者に換金率だけ確認して見ることにしました。
すると、「4万円の利用額に対して3.9万円で現金化します」と言われ、怪しいとは感じました。
なので、本当に3.9万円振り込んでもらえるのか質問すると、「間違いなく100%この金額で入金します」と、伝えられました。その時は早急にお金が欲しかったので、現金化を申し込みました。
でも、いつまで待っても入金されることはありませんでした。
しかも、振り込んでもらいたくて連絡を再び業者に連絡したのですが、電話はつながらなくなっていました。

現金化詐欺でよく使われるパターンの1つです。
現金化を申し込んだものの、振り込んでもらえることはなく、最終的には連絡もできなくなってしまいました。
結局、この方は4万円丸々だまし取られてしまったのです。
換金率に対して怪しいと感じたものの、現金欲しさに申し込んでしまう方は多いです。
しかし、怪しいと思ったら、その時点で申し込みをやめることで詐欺に遭うリスクを避けることができます。

言われていた換金率と違う換金率で振り込まれた

当時ギャンブルにハマっていて、その資金も生活費もなくなってしまったので、クレジットカードの現金化を利用してみようと思いました。
今まで利用したことなんてありませんから、現金化業者に関する知識もなく、現金化業者に申し込めば現金化は簡単にできるのだろうという認識をもっていました。
適当に現金化業者を探して、ホームページに換金率が高く書いてあった業者を利用することにしました。

ホームページには95%の換金率とありましたが、実際に振り込まれた金額はかなり少なかったのです。
計算してみると、65%ほど
の換金率でした。
何かの間違いかもしれないと思ったので業者に電話して確認してみると、「手数料や消費税等を差し引くと、その換金率となります」と言われたのです。
そんなことは聞いていないといっても、相手はそういうクレームになれているのでしょうね。
結局は何を言ってもらちが明かなかったので、僕が諦めることになりました。
現金化業者の換金率はホームページのものを鵜呑みにしてはいけないのだという勉強になりましたし、その経験後、現金化業者選びには慎重になり、失敗はしていません。

こちらの体験者も、前者と同じようにギャンブルにハマり、どうしても現金が必要になってしまったようですね。
そうなると、すぐにでも現金が欲しいですから、調べるべきことをスルーしてしまいがちです。
ホームページに高い換金率を表示している現金化業者は多いです。
そのため、利用前に必ず手数料などをすべて差し引いた「実際の」換金率を現金化業者に確認し、その数値に納得した上で現金化業者を利用しましょう。
納得いかなければ、その時点で申し込みを中断してかまいません。

別業者の紹介で手数料を盗られた

友人の結婚式で渡すご祝儀を包む余裕がなく、かといって消費者金融などに借金をするのは嫌だったので、クレジットカードの現金化業者を利用しました。
現金化することに不安を覚えていたのですが、利用前に口コミなどをしっかりと見た結果、クレジットカードの現金化は危ないことではないと判断しました。
換金率が高いと口コミで書かれていた業者に連絡しました。
審査のためにクレジットカードのコピーが必要だと言われて不思議に思いましたが、10分後に返ってきた言葉が「当店で現金化を承ることはできません」とのことで困ってしまいました。
すると、別の業者を紹介されたので、紹介された業者に連絡して見ると、先ほどの業者と条件も同じだったので利用し、振り込まれました。
しかし、その後に最初に使った業者に別業者の紹介料として、利用額の50%を払うように言われました。

紹介屋詐欺と呼ばれるもので、紹介料としてお金をだまし取るやり方です。
そもそも、クレジットカードの現金化において審査は不要で、ショッピング枠に残高があればだれでもご利用可能ですし、クレジットカードのコピーの提出もいりません。
この方も「おかしい」とは感じていますが、現金を手にすることの方が優先されてしまい、こんな詐欺に遭ってしまいました。
紹介手数料を払う義務なんてありませんし、現金化に審査やクレジットカードコピーは不要であることを覚えておきましょう。

クレジットカードの情報もお金も盗まれた!

初めてクレジットカード現金化をしたのですが、普通に現金化はできてほっとしていました。
こんなにも簡単に現金が手に入るなんて助かるとさえ思っていました。
しかし、それから2,3ヶ月経った後、クレジットカードの利用明細を見てみると、身に覚えのない支払い履歴があったのです。
覚えてないだけかもしれないと思い、その場はスルー。
でも、怖くなってちょっとしてからカードで買ったものはメモするようにしました。
すると、再び2,3ヶ月後、身に覚えのない支払い履歴がまた出てきました。
ハッキリと誰かが私のクレジットカード情報を盗んでいることがわかったので、すぐに利用していたクレジットカードを解約しました。
後からわかったことですが、現金化業者によってカード情報が抜き取られていたようです。

一見問題なく現金化ができたと思っても、実は業者にカード情報が盗まれており、その情報を利用して業者がこの方のカードを悪用していたことがわかりました。
これもよくある悪徳現金化業者の詐欺のやり口の1つです。
この方は2度目のカードの不正利用で気づきましたが、こまめに支払い履歴をチェックしていない方は、そのまま気づかずに自分で使ってもいない支払いを払わされ続けている人も少なくありません。

「優良」な現金化業者を選ぶ時の7つのポイント

クレジットカードの現金化業者を利用して現金化を行う際に、ご紹介したような詐欺に遭わないためには現金化業者選びが重要です。
優良な業者を選ぶにはどんなポイントを意識すれば良いのでしょうか。

カードトラブルゼロの業者を選ぶ

クレジットカード現金化を利用して問題を起こしたくありませんよね。
現金化業者を選ぶ際に、今までカードトラブルを起こしたことがあるかどうかをチェックしてみましょう。
今までトラブルがない場合、ホームページに「トラブル0」と、堂々と掲載している業者がほとんどです。

ただ、トラブルの有無が記載されていない現金化業者の場合、口コミなどでチェックして、問題があるようなら利用は控えた方が良いでしょう。

無料見積もり・相談してくれる現金化業者を選ぶ

悪徳業者を選ぶと、換金率を聞くだけでも手数料をとろうとしたり、本人確認書類の提出を求めてくる業者があります。
しかし、一般的に本人確認書類は申し込み時に必要とするもので、実際の換金率を聞くことは無料です。

ホームページに「見積もり・相談無料」と明記している現金化業者を選ぶようにしましょう。

24時間営業している現金化業者

即日入金してもらうためにも24時間営業の現金化業者を選ぶことは重要なポイントですが、何かあった時にすぐに対処してくれるよう、できるだけ24時間営業の現金化業者を選んだ方が安心です。

口コミ評判が良すぎるものは警戒せよ

現金化業者を選ぶ上で口コミ評判をチェックするのは重要なことです。
あまりにも良い口コミ評判しかない業者は、業者自身が口コミを投稿している可能性が極めて高いです。
実に口コミの9割は業者自身が書き込んでいると言われているほどなのです。
ある程度悪い口コミも載っている業者の方が信憑性は高いです。
ただし、悪徳業者らしき口コミが残されているようであれば、その業者の利用は避けましょう。

さらに、比較サイトを利用して気になる現金化業者を比較するのもポイントですよ。

誇大広告の現金化業者は危険!

広告の多い企業は大手であるというイメージがあり、なんとなく信用してしまう方も多いですよね。
例えば、食品事業などでは広告が多い会社は儲かっているからこそ広告もたくさん出せますし、優良企業は多いですが、100%優良企業ではありません。
現金化業者の中にも広告費用をかけている悪徳業者は存在します。
悪徳業者は誇大広告を打ち、まるで大手業者であるかのように見せかけ、色々理由を付けて高い手数料を取ろうとします。
この場合、当然リピーターなど増えるはずもありませんが、広告効果につられた初回利用者たちから高い手数料をとれるので、利益を得ることができます。
ですから、広告の「素晴らしさ」につられて現金化業者を選ばないでください。

会社概要に詳細が表記されている業者を選ぶ

会社概要はその現金化業者が悪徳かどうかを判断するのに役立ちます。
現金化業者の所在地は番地までしっかりと表記されているのか、代表者名は明記されているか、「古物商許可証」の番号が記載されているかなど確認してください。

詳細をぼかしているような業者は利用するべきではありません。

企業名を名乗らない業者は悪徳の可能性大!

一般的に、どこかの会社に電話をすれば「はい、〇〇社です」と、企業名を名乗りますよね。
しかし、現金化業者に電話した際に、「もしもし」としか応えない業者も多々あります。
こういった業者は悪徳業者である可能性が高いです。
利用者側から「○○社ですか?」と確認すると、「はい」と、返答されるので、なんとなく違和感を覚えながらも用件を進めてしまいがちです。
しかし、会社名を名乗らない業者は複数の会社名を使っていることが多く、基本的に悪徳業者です。
業者に連絡して名乗らないようであれば、その時点で電話を切ってしまってもかまいません。

電話をかけて名乗らない業者は選ばないのが得策です。

クレジットカードの現金化を利用する前に知っておくべきこと

クレジットカードの現金化を利用する前に次のことは必ず押さえておいてください。

  • 現金化は一時的に現金を手に入れることができても、返すあてのない借金を増やすだけ
  • クレジットカードの現金化をすると、クレジットカードは利用停止となる恐れがある
  • 「入金されない」「キャンセルできない」などのトラブル(詐欺)が多発している
そもそも、クレジットカードの現金化はクレジットカード会社との規約違反です。

簡単に現金が手に入るかもしれませんが、詐欺に遭う恐れもあれば、クレジットカードをはく奪され、強制退会させられることもあります。
クレジットカードの現金化は危険性・違法性が高い行為であるということを忘れないでください。
その上で本当に利用するのかどうかを天秤にかけ、判断しましょう。

クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターン
クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターンならないパターンの現金化がある?「クレジットカード現金化」の文字を耳にしたり、見かけたりすることが最近増えていますよね。 クレジットカードさえもっていれば、手っ取り早...

現金化業者を利用して詐欺に遭ったらどうするの?

現金化業者を利用して詐欺に遭ってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

詐欺被害に遭ってしまった方のほとんどが、消費生活センターや国民生活センターに相談しています。
また、クレジットカート会社に連絡して事情を説明した上で、取引をキャンセルしてもらっている方もいるようです。
しかし、何度もお伝えしているように、クレジットカードを利用した現金化はカード会社の利用規約違反に該当します。
そのため、カード会社に連絡すると、クレジットカードを強制解約され、一括で残額を返済させられる可能性が高いです。
一気に借金苦に陥ってしまうこともあるので覚えておきましょう。

何よりも詐欺に遭った時は弁護士に相談し、トラブル解消の手助けをしてもらうのが一番です。

クレジットカード現金化詐欺に遭わないように優良店を利用しよう

クレジットカード現金化はカード会社との規約違反であり、カード停止のリスクや無計画な現金化によって借金地獄になってしまうこともあります。
それを踏まえた上でクレジットカード現金化をするならば、詐欺に遭わないよう、優良店を利用するしかありません。
優良店を選ぶ際にはご紹介したポイントを意識して選んでくださいね。

自分の身は自分で守るしかありませんよ
RELATED POST