クレジットカード現金化は業者も利用者も儲かるの?winwin説を検証!

クレジットカード現金化は業者も利用者も儲かる

お金に困った時に資金調達をする方法として思いつくのがクレジットカード現金化です。
インターネット上だけでなく、大都市の駅周辺には店舗を構えている現金化業者も少なくありません。

これだけ店舗型・無店舗型の現金化業者があると、

現金化業者って儲かるのかな?
「クレジットカード現金化を利用する人も損がないから利用するのだろう」

なんていう疑問がわいてきますよね。

ここではクレジットカード現金化は儲かるのか、業者視点と利用者視点から見ていくと同時に以下のことも伝えていきます。

・現金化業者が儲かる仕組みと現金化の仕組み
・損の少ないクレジットカード現金化の方法
・クレジットカード現金化のリスク
・おすすめの優良現金化業者

以上をまとめてみましたので、クレジットカード現金化を理解したい方は必見です!
目次

クレジットカード現金化利用者は儲かるの?

クレジットカード現金化利用者は儲かるの?
残念ながら、クレジットカード現金化で儲けを出すことは不可能ではありませんが、限りなく不可能に近いことです。

なぜクレジットカード現金化利用者は儲からないのか、理由を見ていきましょう

・クレジットカード現金化の手数料は一般的に高い
・個人での現金化は時間も手数料もかかる
・換金率の低い業者に当たる場合がある

細かい理由について詳しく見ていきましょう!

クレジットカード現金化の手数料は一般的に高い

クレジットカード現金化の手数料は一般的に高く、平均すると10~20%と、さらに振込手数料や送料などを含むと25%前後となるのが一般的です。
これはクレジットカードのキャッシング枠を利用した借り入れよりも高い数値です。

ただし、優良現金化業者を利用すると手数料は20%以下になりますが、それでもやはり高いですよね

現金化業者を利用する場合、手数料がかかるのは一般的なこと。
その手数料の内訳はこんな感じになっています

・手数料(いわゆる業者側の手数料)
・振込手数料
・商品配送料
・決済手数料

現金化業者の中には振込手数料を完全無料としていたり、カード決済時に購入した商品を業者自身が受け取ることで商品配送料をとらないなど、この2つの手数料を取らない業者も中にはあります。
最後の決済手数料ですが、普段私たちがお店で服を勝ったりする際にも必ず数%の決済手数料は発生していることはご存知ですか。
しかし、「普通」にショッピングする際に決済手数料は店側がカード会社へ払ってくれています。

一般的なお店が決済手数料を取らないのは、クレジットカード対応の店であることでその分集客が望めるから。

手持ちの現金がないお客さんはカード対応のお店を選べればそちらを利用しますよね。
決済手数料を肩代わりしてでも集客がアップすればその分お店は儲かるのです。

ところが、クレジットカード現金化の場合、カード決済手数料は現金化利用者が払うことになります。

しかも、JCBやAMEXは他社より決済手数料が高いので、全体的な手数料が高くなるのでご注意ください

「手数料」と一言で言っても、中身は数種類の手数料が含まれているためクレジットカード現金化の手数料は高く、儲けることは非常に難しいです。

個人での現金化は時間も手数料もかかる

「現金化業者を利用するから手数料が高くなるんじゃないの?」と思われた方もいますよね。
そこで思いつくのが、自分自身によるクレジットカード現金化です。
自分自身で現金化すれば手数料はかかりませんよね。

ところが、これでも現金化で儲けることは難しいのです。むしろ、もっと損をすることもあります!

買取専門店は買値と売値の差額を利潤としているため、高級ブランドを専門とした買取店に持って行ったとしても、換金率は50%~60%程度にしかなりません。
新幹線の回数券などを金券ショップに売りに行ってもやはり手数料は引かれるので、100%同額で現金を手にすることは難しいのです。
最近はメルカリなどの転売も主流ですが、購入額よりも高い額で商品を買い取ってもらうことはほとんどできませんし、利用手数料も払うことを考えれば、確実に儲けを出すことは不可能と言えますよね。
ここがポイント!
しかも、個人での現金化はどんな商品が売れるのか、どこで現金化するのが良いのかなどを調べるのにも時間がかかるため、結果的に現金化業者での現金化よりも損をする場合も少なくありません。

換金率の低い業者に当たる場合がある

クレジットカード現金化を利用する前には色々とリサーチする必要があります。
そうしなければ損をすることがあるからです。

店舗型でも無店舗型の業者でも同じことですよ

リサーチをしなかったために換金率の低い業者にあたり、予想以上に損をしてしまう可能性もありますのでご注意ください。

クレジットカード現金化業者は儲かるの?

クレジットカード現金化業者は儲かるの?
クレジットカード現金化利用者はほぼ100%儲からないことがわかりましたよね。
では、クレジットカード現金化をしてくれる現金化業者はどうなのでしょうか。

もちろん、現金化業者側には儲けがあります。
逆に儲けが出なければ仕事としては成り立ちませんよね。
10万円の現金化に対して業者は利用者に対してトータル20%の手数料をとった場合、手数料の一部が業者の儲けとなります。
現金化の額が多ければ多いほどカード会社から入金される額も多くなりますので設けもアップするといわうわけです。
現金化利用者は現金化業者に直接支払うのではなく、カード会社を通して支払うため、たとえ利用者がカード会社へ返済できなくても現金化業者には債権を回収する必要がない、つまり損をすることがないので非常に効率的で安全に儲けることができる業種ともいえます。

クレジットカード現金化業者が儲かる仕組み

クレジットカード現金化業者が儲かることは前述した通りです。
業者が儲かる仕組みについてもおさらいしておきましょう。

現金化の流れを押さえると仕組みがわかりやすいですよ!

1.利用者が現金化を依頼する
2.利用者がクレジットカードで指定商品をオンライン決済する
3.業者側で利用者の決済が確認できたら利用者へ入金
4.後日、利用者の利用額がカード会社から業者へ支払われる

現金化利用者と現金化業者との間では直接お金の取り引きは一切ありません。

ここがポイント!
利用者はカード会社へ利用額を返済し、カード会社は利用者が現金化業者で利用した手数料を含めた金額を業者へ支払います。

現金化業者は利用者から手数料をとっているので、利用者が手にした金額よりも高い金額がカード会社から入金される、すなわちこれが「儲け」となるのです。
ここがポイント!
カード会社はカード利用者のように現金化業者に対して支払い滞納することはありませんから、クレジットカード現金化は業者にとって確実に儲けが出る業種だといえます。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化についてしっかりと理解していますか。
現金化を理解せずに使うと、通常でももうけを出すことができない行為なのに、余計に損をしてしまうことになるので、改めてクレジットカード現金化の仕組みを学んでいきましょう。

クレジットカード現金化は主に2種類の方法があります

・商品買取式
・キャッシュバック式

商品買取式とは、換金性の高い商品をクレジット決済で購入して現金化業者へ持っていき、現金に換えてもらう方法です。

キャッシュバック方式とは、ネット現金化業者から指定された商品をオンラインでクレジット決済し、商品を購入したことに対するキャッシュバック(入金)をしてもらう「名目」で行われる現金化方法。

商品買取式の場合は以下のような商品を購入することが多いんです!

・新幹線のチケット(回数券)
・株主優待券(JALやANA、飲食系など)
・金券(ビール券、お米券など)
・商品券(百貨店共通商品券など)
・高級ブランドアイテム(シャネル、ルイヴィトンなど)
・ゲーム機本体(ニンテンドーSwitch、PS4など)
・家電

「たしかに現金化ってこんな商品を買い取ってもらう印象がある」と思われた方も多いでしょう。
しかし、これらの商品はカード会社から現金化していることがバレやすい商品なのです。

カード会社から現金化していることがバレると、クレジットカードは一時利用停止となり、現金化したことが証明されればカードの強制解約、残債を一括返済させられ、少なくとも数年間は新しいクレジットカードは他社でもしばらく作成できません。

少なくとも数年間は新しいクレジットカードは作成できないので、カード無し生活になってしまいますよ

一方のキャッシュバック式現金化業者で購入する商品は次のようなものです。

・パワーストーン
・数珠

商品買取式のように換金性の高い商品どころかほぼ無価値の商品を購入するのがキャッシュバック式なんです

「何の変哲もない商品」をクレジットカードで購入するので、カード会社に現金化していることがバレにくいのです。
また、カード利用明細にも「〇〇業者」を利用したと残ることはありません。
凝っている業者では記号化するなどして何を購入してどんな会社を利用したのかわからないようにしています。
さらに、キャッシュバック式は「商品を購入したことに対してのキャッシュバック」が「名目」となっているため、クレジットカード現金化ではないということができるのです。

ここがポイント!
どちらの方法であってもクレジットカード現金化による儲けを得ることはほぼ皆無ですが、利用するなら手数料がかかっても現金化業者を利用しましょう。
その中でも安全性が高いキャッシュバック式の現金化業者を利用することで、損も手間も少なくクレジットカード現金化することができます。

クレジットカード現金化をする3つのリスク

クレジットカード現金化は多くの方が利用していますが、大きなリスクがあることも忘れてはいけません。
クレジットカード現金化には一体どんなリスクがあるのかを紹介していきます。

クレジットカード停止となるリスクがある

クレジットカード現金化を利用する最大のリスクがカード利用停止となる恐れがあることです。
現金化業者のホームページには「違法性ゼロ」や「安全・安心」などとクレジットカード現金化を助長するような言葉が掲げられていますが、クレジットカード現金化はそもそもカード会社が禁止している行為です。
違法ではありませんが、極めてグレイな行為だといえます。

では、カード会社に現金化していることがバレたらどうなるのでしょうか?

前述したように、カード会社に現金化していることがバレればクレジットカードを一時利用停止にされ、現金化した証拠が取れたらカードの強制解約、残債を一括返済させられ、少なくとも数年間は新しいクレジットカードを他社でも作成することはできません。

クレジットカード現金化は信用情報に傷がつかない手軽に安全に利用できると言われているから利用している方も少なくありませんが、カード会社に現金化がバレた際には信用情報に傷がつくだけでなく、常に現金のみでの生活を余儀なくされるので覚えておいてくださいね。

詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性もある

実は、現金化業者の80%以上が悪徳業者だと言われています。
言い換えれば現金化業界には優良業者がほとんど存在しないのです。
そして、残念ながら悪徳業者を利用してしまったことで詐欺やトラブルに巻き込まれたケースは少なくありません。

例えば、こんなトラブルは日常茶飯事に起きています

・現金が入金されなかった
・法外な手数料をとられた
・個人情報を売られた
・脅された

クレジットカード現金化を利用する方のほとんどは今すぐ現金が欲しくてたまらない、焦っている方たちばかりです。
焦っていると、現金化のことをきちんと理解していない上に現金化業者選びをほとんど行わなくなります。
その結果、現金化業者が言うがままに行動してしまい、詐欺やトラブルに巻き込まれることがあるのです。
クレジットカード現金化は先述した通り極めてグレイな行為です。
カード会社に詐欺やトラブルに巻き込まれたことを伝えても現金化していることがバレるので、カードがはく奪されます。

また、警察に被害届を出してもクレジットカード現金化はカード会社が禁止している行為であるためまともに取り合ってくれません。

最終的に泣き寝入りをしなければならなくなるので、クレジットカード現金化を利用するのであれば、現金化を理解し、現金化業者をしっかりと選んでからにしてください。

損をすることがある

ここまで見てきた通り、クレジットカード現金化では儲けることはほぼ不可能です。
それだけでなく、ご自身で現金化をしたり、悪徳業者を利用してしまえば元々儲けることができない現金化なのに余計損することとなります。

特に、現金化業者に関するリサーチを徹底して行わなかった方は悪徳業者にあたり、損をすることになりますので、ご注意ください。

クレジットカード現金化で儲けることはほぼ皆無。でも、少しでも損しないために次項でおすすめ優良現金化業者を紹介するのでご覧ください!

カード利用停止になりにくいおすすめ現金化業者5選!

クレジットカード現金化はカード利用停止となるリスクのある行為です。

しかし、こんなポイントを意識することでリスクのない現金化ができるようになります

・優良現金化業者を利用する
・キャッシュバック式の現金化業者を利用する

この2つを守ればカード利用停止となるリスクは避けられます。

それでは、カード利用停止になりにくいおすすめの現金化業者を紹介していきましょう!

エキスパートの運営者情報

商号 株式会社エキスパート
代表者名 澤田健二
担当者名 中川涼
所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷2-18-2キャッスル2F
営業時間 年中無休(電話対応は平日9:00~18:00、土日祝日10:00~17:00)
電話番号 0120-940-589
事業内容 クレジットカードのショッピング枠の換金事業を主とし、商品の販売・発送業務にも携わっています
メールアドレス info@expert-t.gift

エキスパートは顧問弁護士が監修する現金化業者で、違法行為は決してしない安全な現金化業者です。

法律に守られた現金化業者って安心しますよね?

もちろん、安全なキャッシュバック方式を採用していて個人情報保護も徹底しているため、他社よりも安全性が高いのはお墨付きです。
そして、気になる換金率もまさに「優良」です。
クレジットカード現金化の平均換金率は75%ですが、エキスパートでは80~86%と、業界でもハイレベルの換金率。
換金性の高い商品や換金率の高い現金化業者を探す手間も省け、申し込み後最短3分で入金可能です。
ただし、営業時間は十分に注意してくださいね

エキスパートのデメリットでもありますが、平日9:00~18:00、土日祝日10:00~17:00のみの営業と短い営業時間になっています。

スタークレジット

商号 スタークレジット
代表者名 沢田
所在地 不明
営業時間 平日9:00~19:00、土日祝日休業
電話番号 0120-937-078
対応クレジットカード VISA、マスターカード、JCB、AMEX、ダイナースクラブ
メールアドレス info@star-credit.xyz

平均換金率が85%以上とかなり高く、口コミ評価やお客様満足度、女性利用者数や電話対応満足度においてランキングトップの実績をもつ現金化業者がスタークレジットです。
VISAやマスターカード、JCBはもちろんのこと、様々なクレジットカードに対応しているので多くの方にご利用いただけます。
また、一般的て気にクレジットカード現金化では家族カードはご利用いただけませんが、スタークレジットは家族カードでの現金化にも対応しているので、他社よりも利便性が高いです。
入金スピードも30~60分以内とスピーディ対応となっており、急いでいる方にもピッタリですよね。

ただし、スタークレジットは土日祝日の営業はしていませんのでご注意ください。

あんしんクレジットHP

代表者名 浦田守
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5 4F
営業時間 年中無休(電話対応は9:00~20:00)
電話番号 0120-620-382
取扱クレジットカード VISA、マスターカード、JCB、AMEX、ダイナーズクラブ
メールアドレス info@anshincredit.com

「お客様に喜んでいただくこと」をモットーとしたお客様第一主義の現金化業者があんしんクレジットです。
その名の通り安心して利用できるキャッシュバック方式の現金化業者で、上記2店舗よりも毎日9:00~20:00までと営業時間が長くなっていて、もちろん電話1本で現金化できるので、利便性が高いことがわかりますよね。
使いやすさはもちろんのこと、換金率も平均して80~86%と合格点です。
さらに、初めての利用者はリピーターよりも一般的に入金まで時間学科あるのですが、あんしんクレジットは初めての方でも平均振込スピードが25~40分と、業界トップクラスです。
ただし、あんしんクレジットはや優良業者というだけあって電話がつながりにくいことが多々あります。
そのため、問い合わせフォームからの申し込みがおすすめです。

問い合わせフォームから連絡しても、申し込んですぐに業者から折り返し電話がかかってくると口コミにもよく書かれているので急いでいる方も安心してフォームからご利用ください。

クレジットカード現金化するならキャッシュバック式優良現金化業者を利用しよう!

クレジットカード現金化するならキャッシュバック式優良現金化業者を利用しよう
クレジットカード現金化は一般的に儲けを出すことができない行為です。
そのため、儲けを出したい方にはおすすめできませんし、リスキーな行為であることもこの記事を読んでしっかりと理解していただけたはずです。
しかし、どうしてもクレジットカード現金化を利用しなければならない時にはカード利用停止リスクも低く、換金率も高いキャッシング式優良現金化業者を利用しましょう。

おすすめした無店舗型現金化業者は安全で換金率も高く、全国どこからでもご利用いただけるので参考にしてくださいね

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる