クレジットカード現金化の初心者向け(基本情報)

クレジットカード現金化の方法(業者でする方法・自分でする方法)正しい業者の選び方もご紹介!

クレジットカード現金化の方法

「クレジットカードのキャッシング枠も使い切っちゃったけど、現金が必要!」
「現金が必要だけどサラ金とかの金融業者にお金を借りるのは怖い」

そんな思いを抱えている方は、クレジットカード現金化の存在が気になりますよね

しかし、クレジットカード現金化の方法がわからない、本当に簡単に現金化することができて安全なのか、利用したことがない方は不安なはずです。

クレジットカード現金化が怖い
クレジットカード現金化が怖い6つの理由と怖くないクレジットカード現金化の方法は?「クレジットカード現金化をしたいけど、何だか怖い…」 「クレジットカード現金化をした人の体験談が怖かった」 など、クレジットカード現...

そこで、ここではクレジットカード現金化の主な方法や注意点、よくある質問などを詳しくご紹介していきますので、クレジットカード現金化初心者は必見です!

クレジットカード現金化の方法は主に2つ!

クレジットカード現金化には主に以下の2つの方法があります。

・中古買取ショップを利用する(自分で現金化する)
・現金化業者を利用する

では、それぞれがどういった方法になっているのか、詳しく見ていきましょう

中古買取ショップを利用する(自分で現金化する)方法

中古買取ショップや金券ショップへ来店して現金化する方法をご覧いただきましょう。

1換金性の高い商品をクレジットカード決済入する
2現金化業者へ行く
3現金化業者に商品を買い取ってもらい、現金を受け取る

この方法は現金化目的ではなくても、やったことがある方は多いはずです。
例えば、もう読まなくなった本は古本屋へ、着なくなってしまった服をリサイクルショップや古着屋へ売った経験はあなたにもきっとあるでしょう。
まさにそれと同じ要領なのですが、異なる点は商品を現金化目的でクレジットカードで購入している点です。
そのため、換金性の高い商品を購入しなければ、より多くの現金を手に入れることはできません。

ご自身で現金化する際、主に利用されている代表的な商品が以下のものです

・新幹線の回数券
・(デパートなどの)商品券
・(ビール券などの)金券
・高級ブランドアイテム
・ゲーム本体

どれも「高換金率の商品」となっています

新幹線の回数券商品券、金券は昔から金券ショップなどでやり取りされており、需要も高いため、高い換金率で今も昔も買い取ってもらうことができます。
ゲーム機本体に関しては、場合によっては換金率が100%以上(定価以上)になることもあるのです!

それでは、他にもあるご自身で行う現金化の方法を見ていきましょう

Amazonギフト券やiTunesカードを現金化する方法

今人気の方法でもあるAmazonギフト券やiTunesカードを現金化する方法を見ていきましょう。

1Amazonギフト券買取業者へ買取の申し込む
2買取業者へAmazonギフト券の送付もしくはギフト券情報を送る
(印刷タイプやカードタイプであれば「送付」、メールタイプなら「送信」)
3業者で現品確認後、指定口座へ入金

Amazonギフト券は金券ショップやチケットショップ、質屋などでは買取を行っていません。

理由は、有効期限があるため、有効期限内に商品を販売しなければならないのと、売れ残った際にショップにとって赤字となるためです

換金率は80%前後なので、悪くはありませんが、買い取ってもらえる場所が限られているのがデメリットです。

仮想通貨を使って現金化する方法

仮想通貨は一時とても話題となり、今もまだまだ可能性を秘めた「通貨」です。
では、仮想通貨を使った現金化の方法を見ていきましょう。

1クレジットカードでBITコインを購入する
2スマホで取引所登録する
3取引所で換金し、現金を得る

コインチェックやZaif、、ビットフライヤー、GMOコインといった取引所はクレジット決済に対応しています。
また、アプリを登録してしまえば、今後も継続して現金化する際に利用可能です。
しかも、仮想通貨を利用した現金化は、相場が高騰すれば元金よりも儲かる可能性があります。
しかし、逆にデメリットとして、相場が急落し、損してしまう危険性もあることは覚えておきましょう。

メルカリでクレジットカード現金化する方法

大人気のメルカリでもクレジットカード現金化ができちゃうので、その方法をご紹介します

1メルカリで出品されている「現金」を見つける
2「現金」を落札する
3クレジットカード決済にして現金を得る

しかし、この方法は大々的にニュースでも取り扱われたため、非常にリスクが高いです。
その上、出資法違反の容疑で逮捕者も出てしまったので、今はもうすたれてしまった現金化の方法ですし、絶対に利用するべきではない方法です。

自分でクレジットカード現金化するメリット

自分でクレジットカード現金化を行うメリットについて押さえておきましょう
顔を合わせて手続きできるから安心

基本的に現金化業者は現在、店舗をもたない業者の方が圧倒的に多いです。
そのため、顔を見てのやり取りではなく、それに対して不安に思う方は多くいます。
しかし、中古買取ショップなどを利用した現金化は、来店してスタッフが目の前で査定、現金化してくれるので、安心です。

高く買い取ってもらえることもある

高換金率の商品を現金化すれば、現金化業者を通して現金化していないので、振込手数料やその他の手数料が取られません。
そのため、場合によっては90%以上の高換金率で現金化することができます。

自分でクレジットカード現金化するデメリット

逆に自分でクレジットカード現金化を行うデメリットはというと…
クレジットカードの利用停止リスクが高い

自分でクレジットカード現金化を行うことはハッキリ言っておすすめしません。
なぜなら、クレジットカードの利用停止リスクが非常に高いからです。

カード会社も現金化している人の取り締まりを強化しています。
そのため、高換金率の商品を繰り返し購入している履歴があれば、クレジットカードを利用停止とし、現金化していると立証が取れればカードをはく奪、強制退会させられ、残債を一括請求されるので非常に危険です。

換金率が低いことが多い

自分でクレジットカード現金化を行うことで換金率が高くなることもあるのですが、商品選びやショップ選びを間違えれば換金率は低くなってしまいます。

自分でクレジットカード現金化をして失敗しないためには念入りな下調べが必要となります。

それでは、続いて現金化業者を利用する現金化の方法について見ていきましょう
クレジットカード現金化で失敗
クレジットカード現金化で失敗する人の特徴は?失敗しない業者選びや失敗談もご紹介!「現金化業者は安全なサービスではない」 「クレジットカードが利用停止になるリスクがある」 そんな言葉はよく聞かれますし、実際に、...

現金化業者を利用する方法

現金化業者を利用した現金化には主に2つのタイプがありますので、それぞれのやり方を見ていきましょう。

店舗型の現金化業者を利用する方法

まずは、店舗型の現金化業者で現金化する方法を見ていきましょう。

1現金化業者の店舗へ行く
2スタッフと金額や換金率について相談する
3金額が決定したら業者指定の商品をクレジットカード決済する
4商品をもって再度店舗へ行く
5業者に商品を購入してもらい、現金を受け取る

現金化業者の店舗へ行って現金化する際の方法は「商品買取式」が取られます

商品買取式とは、現金化業者が利用者に商品を指定し、利用者は指定商品をクレジットカード決済で購入し、商品が届いたら、それをもって再び現金化業者へ来店します。
現金化業者がその商品を利用者から現金で買い取ることで現金が得られます。
業者への手数料を引いた後の買取率は一般的に75%前後となっていて、商品価格との差額が業者の利益となります。

キャッシュバック式よりも現金を手に入れるまでに時間がかかりますが、スタッフの顔を見てやり取りができるので安心感はありますよね

来店時には本人確認のために運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必要となりますので、忘れず持っていきましょう。

クレジットカード現金化を電話なし・本人確認なし
クレジットカード現金化を電話なし・本人確認不要でできるの?やり方と【なし】のリスクについても解説クレジットカード現金化を業者を利用する際、通常は業者との電話連絡が行われます。 しかし、「仕事が忙しくて電話ができない」とか、「家族に...

来店せずに現金化業者を利用する方法

店舗を構えずに現金化をしてくれる業者の方が今は圧倒的に多く、利用者も多いです。
それでは来店せずに現金化する方法をご覧いただきましょう。

  1. 1現金化業者へ電話かメールで申し込む
  2. 本人確認を行う
  3. 業者指定のサイトから商品をクレジットカード決済する
  4. 業者で決済が確認できれば、入金される
来店不要の現金化業者では主にキャッシュバック式を採用しています

キャッシュバック式とは、利用者は現金化業者が販売する「キャッシュバック特典がついている」商品をクレジットカードで購入します。
購入確認ができると、現金化業者から現金がキャッシュバックされるという仕組みです。
つまり、キャッシュバック式は無価値の商品を高額でやり取りして、キャッシュバックするという「名目」で現金を手に入れる方法です。
購入金額とキャッシュバック金額との差額が業者側の利益となります。

キャッシュバック式は本人確認書類(個人情報)を写メなどで送らなければならないというデメリットがありますが、手続きはすべて業者がやってくれるので、入金までが早いというメリットがあります
クレジットカード現金化の仕組み
今さら聞けない!クレジットカード現金化の仕組み!2種類の仕組みをわかりやすく解説!クレジットカード現金化という言葉をよく耳にしますが、「どんな仕組みなのだろう?」、「リスクが大きいんじゃないの?」とか、「違法じゃないの...

現金化業者でクレジットカード現金化するメリット

自分自身で行うのではなく、現金化業者でクレジットカード現金化する際のメリットを見ていきましょう。

クレジットカードの利用停止リスクが軽減できる

店舗型の現金化業者はリスクが高いですが、来店不要の現金化業者を利用すればクレジットカード利用停止のリスクは低いです。

ただし、リスクがゼロではないので、ご注意ください
手間も時間も省ける

来店不要の現金化業者を利用すれば、商品やショップ選びの手間も時間も省けますし、来店不要なので、交通費だって節約できちゃいます。

優良業者であれば、申し込みから振り込みまで30分以内で完了します。

現金化業者でクレジットカード現金化するデメリット

現金化業者を利用するデメリットもあるので、こちらも押さえておきましょう。

悪徳業者が多い

残念ながら、現金化業者はほとんどが悪徳業者だと言ってもよいほど、優良業者の方が少ないのが現実です。

現金化業者を利用する前に優良業者を選ばないと、クレジットカード現金化の詐欺被害に遭う可能性も高いので、決して現金化業者を利用することは100%安全な方法だとは言えません。

カード会社との規約違反である

クレジットカード現金化は違法ではなくてもカード会社との規約違反です。
自分自身で現金化するよりも現金化業者を利用する現金化は安全かもしれませんが、クレジットカード利用停止のリスクが無いわけではありません。

クレジットカード現金化は常にリスクと背中合わせであることを忘れないでくださいね

優良現金化業者の選ぶ4つのポイントをご紹介!

クレジットカード現金化はおすすめできる行為ではありませんが、現金化するならば、「優良業者」を選ぶことでリスクを回避できます。

では、優良業者はどのようにして選ぶのか、チェックすべき4つのポイントを見ていきましょう

創業以来トラブルゼロの業者が望ましい

あなたの個人情報も詰まった大切なクレジットカードを利用して現金化は行いますから、トラブルがあっては大変です。
そこで、トラブルとならないよう、現金化業者のホームページに「無事故」、「トラブルゼロ」などが記載されていて、且つ会社概要に所在地や責任者の名前が明記されていることを確認してください。

悪徳業者は業者にとってのトラブル(警察に詐欺が発覚すること)を防ぐために所在地は市町村までしか明記していなかったり、代表者名は伏せる、もしくは偽名を利用することがあります

口コミ評判サイトや比較サイトも併せてチェックした上で、問題ないと思った業者を選択しましょう
クレジットカード現金化の口コミ
【信用するな】クレジットカード現金化の口コミをチェック!正しい口コミの見極め方と100%信じてはいけない理由クレジットカード現金化を利用する前に口コミや評判をチェックされている方は多いですよね。 「本当にこの口コミって本当?」 「ちょっ...

振り込みまでスピーディな業者を選ぼう

現金化を利用するほとんどすべての方が今すぐ現金を手に入れたい方だといえます。
現金化を申し込んでから入金までに時間がかかる業者では利便性のある業者だとは言えませんし、あなたのニーズを満たす業者でもありません。
基本的に優良業者はスピーディに振り込み対応します。
つまり、迅速に対応できる業者は優良業者はの証でもあるのです。
比較サイトや口コミを見れば、どの業者がスピード面で定評があるのかがわかりますが、口コミサイトやホームページに投稿されている口コミは業者自身が投稿しているものも多いので、全てを信じず、参考程度にとどめておきましょう。

24時間対応の業者を選ぼう

現金化業者を利用化するメリットの1つは、いつでも現金が得られることです。
しかし、24時間対応ではない業者も多いので、利便性の高い24時間対応の業者を選びましょう。

24時間対応の業者なら、たとえ何らかの問題が起きても、いつでも連絡がつくので安心です

キャッシュバック式の業者を選ぼう

大きく分けて業者での現金化にはキャッシュバック式と商品買取式とがありますが、商品買取式はカード停止リスクが高くなります。
キャッシュバック式は入金までも早くて手間も省けますし、カード利用停止リスクは低いので、商品買取式よりも安全です。

クレジットカード現金化を利用する際の注意点

クレジットカード現金化は本人名義のクレジットカードもっている方ならだれでも簡単にできるものですが、利用時には注意しなければならないことがあります。

クレジットカードが利用停止になる可能性がある

現金化最大のデメリットがこちらです。
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁じられているため、現金化していることがカード会社にバレるとクレジットカードが利用停止になる恐れがあります。
最悪の場合、クレジットカードをはく奪されて強制退会させられるだけでなく、返済しなければならない額を一括請求されます。

こうなると、新しいクレジットカードを作ろうにもブラックリストに載っているため、作れなくなってしまうので、現金かはリスキーなことなのです
カードが利用停止
クレジットカード現金化でカードが利用停止になるのはどんな時?利用停止にならない方法は?韓国やアメリカほどではないにしても、日本もクレジットカードはかなり普及し、ほとんどの方がクレジットカードを持っていますし、複数枚所有して...
自分で現金化する場合、手間も時間もリスクも高い

新幹線の回数券などを購入して金券ショップで売却すれば、最大換金率は95%以上と、業者を利用して換金するよりも手に入る現金は多くなります。
しかし、個人のクレジットカードで換金性の高い商品の購入を繰り返し行っていると、カード会社はあなたが現金化しているであろうと判断し、クレジットカードを利用停止します。
さらに、自分で現金化する際には、来店するまでに商品選びや商品の購入はもちろん、買取業者選びや来店など、手間も時間もかかり、リスクも大きいというデメリットがあります。

悪徳業者が多い

残念ながら現金化業者には悪徳業者が多く、これは来店不要の業者でも、顔が見えて安心な店舗型の業者においても言えます。
そのため、クレジットカード現金化を利用する際には優良な現金化業者を選択しなければなりません。
そこまでやっても悪徳業者にひっかかってしまうこともあります。
現金化は審査不要で本人名義のクレジットカードをもっていれば誰でも簡単にできることかもしれませんが、トラブルの宝庫でもあるのです。

自己破産できない

1度クレジットカード現金化を行ってしまうと、「お金が無くなったらまたこの方法を利用すればいいや」と、思ってしまいます。
しかし、クレジットカード現金化は、実質的な手数料は20~30%と、「高利」です。
それを何度も繰り返していれば、返済能力がない方は返済に困り、遂に返済しきれないとなっても法律でクレジットカード現金化による自己破産は認められていません。

最終的に返済地獄から抜け出せなくなることを十分に踏まえた上で、クレジットカード現金化をする際には計画的に行うようにしてください。

クレジットカード現金化でよくある10個の質問にお答えします!

クレジットカード現金化に対して初心者の方は色々と疑問や不安があるでしょうから、よくある質問をご紹介したいと思います。

クレジットカード現金化って何ですか?

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換える方法です。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品(通常のオンラインショッピングやお店でのショッピングをする際と同じ方法)を業者に売り、換金し、現金を得る資金調達方法です。クレジットカードがあれば誰でも利用することができ、いわゆるブラックや債務超過している方でも利用することができます。

換金率の相場はどのくらいですか?

クレジットカード現金化の換金率は業者によって異なりますが、「実質」の換金率は70~80%前後となっています。
「クレジットカード現金化業者のホームページを見ると換金率が90%以上のものもたくさんあるけど…」と思われたでしょう。
しかし、ホームページに記載されている換金率は手数料や消費税が引かれる前のものであり、誇大広告と捉えてください。
また、「手数料無料」などとうたっている業者もありますが、その場合、ホームページに記載されている換金率は、「最大換金率」である場合が多くなっているのでご注意ください。

クレジットカード現金化は違法なのでしょうか?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、極めてグレイゾーンだといえます。
クレジットカード現金化は法律で明確に禁止されていません(「現金化している」と、特定しにくいため、禁止しにくい)。
しかし、クレジットカード会社の規約には違反しています。
そのため、先述したようにグレイゾーンのサービスなのです。
クレジットカードの利用停止や強制退会のリスクもあるため、決しておすすめできるサービスではありません。

分割払いやリボ払いすることはできますか?

クレジットカード現金化は分割払いやリボ払いも可能です。
しかし、分割払いやリボ払いを選択した場合、支払い回数が多ければ多いほど利息の負担が大きくなることを理解した上で計画的に利用するようにしてください。

クレジットカード現金化ではカード情報を伝えなければならないのでしょうか?

クレジットカード情報を教える必要はありません。
逆に、クレジットカードの番号やセキュリティ番号を聞いてくる業者は悪徳業者であると判断し、申し込みを中止してください。
ただし、本人確認はどの業者でも行っていますので、身分証明書の両面の写メと、それと一緒に撮影している自撮り写真を提出する必要があります。

クレジットカード現金化の会社と消費者金融の会社は違うのですか?

クレジットカード現金化業者は消費者金融のような貸金業ではありません。
クレジットカード現金化業者はお金を貸すのではなく、キャッシュバック付きの商品を販売している会社で、金融会社は貸金業です。
いわゆる「金融業」は銀行や消費者金融のことを指し、その中にクレジットカード現金化業者は含まれていません。

クレジットカード現金化を利用する際には利息が発生しますか?

クレジットカード現金化は貸金業者ではないので金利がかかることはありません。
しかし、分割払いやリボ払いを利用した場合、クレジットカード会社への利息が発生します。
利率は各カード会社によって異なりますので、ご自身でご確認ください。

クレジットカード現金化は安全ですか?

優良業者を利用して行えば安全です。
ただし、現金化業者は店舗を構えるタイプも来店不要のタイプでも悪徳業者が存在するので、優良業者選びをしっかりと行わなければ、詐欺に遭うこともあるので注意しなければなりません。

振込手数料や事務手数料はかかるのですか?

振込手数料や事務手数料は基本的にクレジットカード現金化業者が負担する場合が多いです。
しかし、全ての現金化業者が手数料負担をしている訳ではなく、いわゆる優良業者と呼ばれる店舗は全て負担してくれます。
手数料が発生すると、思っていた金額よりだいぶ減額するので、申し込み前に手数料の確認を必ず行ってください。

クレジットカード現金化の手数料
クレジットカード現金化の手数料って何?手数料の中身と手数料を抑える現金化業者の選び方とはクレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。 ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」...
現金化業者を換金率の高さだけで選ぶのは危険ですか?

危険です。
高換金率の現金化業者は魅力的ですが、換金率の高さだけで業者選びをするのは危険です。
換金率以外にも安全性やスピードは必ずチェックするべきです。
いずれかのポイントがずば抜けているだけで業者選びをすると失敗する可能性が高いので、全てのポイントが高水準の現金化業者を選びましょう。

詳しい優良業者の選び方はお伝えしたものを参考にしてくださいね

クレジットカード現金化を行うなら優良業者を選ぶことがポイント!

クレジットカード現金化はカード規約に反する行為であり、リスキーです。
そのため、利用はおすすめしませんが、それでも現金化を利用したいのなら優良な現金化業者を利用するのがポイントです。
ご紹介した優良業者の選び方を参考にすれば、トラブルの無い現金化が可能です。
しかし、決してトラブルがゼロではありませんし、利息はなくても、手数料は金利以上に高いこと、そして、カード会社への返済義務があることを踏まえた上で行ってください。

ご利用は計画的に行うことでリスクを防ぐことができますよ
RELATED POST