クレジットカード現金化の読み物

海外で・海外からクレジットカード現金化は利用できるの?クレジットカード現金化以外で現金を海外で手にする方法は?

海外で・海外からクレジットカード現金化

今や、簡単に海外旅行に行ける時代になりましたよね。
しかし、日本と海外では色々な点が異なります。
例えば、海外で現金が必要になったことはありませんか。
日本にいれば、銀行に行ってすぐに現金を引き出し足りすれば良いかもしれませんが、海外だとそれがなかなかできないですよね。
「じゃあ、クレジットカード現金化ならできるんじゃない?」と、考えた方も多いでしょう。

それでは、海外でクレジットカード現金化はできるのか、海外で現金が必要になった時の対処法などを詳しくお伝えしていきましょう

海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化は利用できるの?

海外にクレジットカード現金化業者があっても、現地の言葉でやり取りしなければならないとなると、不安ですよね。
そこで、考えるのが、海外から日本の現金化業者を利用できるかどうかです。
海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化
結論から言うと、海外から日本の現金化業者を利用することは可能です。
ただし、対応してくれる現金化業者は少ないと言えるでしょう。

どの国にいるかによっても異なりますが、24時間営業している現金化業者は少ないですから、現金が必要な時に業者がオープンしているかどうかも時差に寄ります。
そして、現金化業者を利用する際には、基本的にメールだけでのやり取りは不可能です。
必ず本人確認を含めて電話でのやり取りがマストとなってきます。
となると、電話代がネックとなりますよね。
まず、国際電話をしてくれる現金化業者はないと思っていただき、利用者自身が国際電話代を負担することになります。
と言っても、最近では、LINEやSkypeを利用して固定電話へ電話をかけるのもかなり安価となったので、問題はないといえますが、基本的に現金化業者の電話はフリーダイヤルです。

LINEやSkypeを使って海外からフリーダイヤルにかけられないこともあるので、注意してください。

また、日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化をした場合、当然ながら日本の口座へ振り込まれることになります。
振り込まれたお金をどのようにして海外で現金として引き出すかが問題です。
例えば、日本のシティバンクなど世界的な場所に支店を構えている銀行の口座に入金してもらうと、海外のシティバンクの銀行ATMで現金を引き出すことは可能ですが、日本在住の方であえてシティバンクのような海外の銀行を利用している方は少ないでしょう。

ということで、海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化することはできますが、実際には難しいことがわかりました。
海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化するには以下のものが必要となります。

・メール対応してくれる現金化業者(できれば24時間営業)
・海外から現金が引き出せる口座かカード

ちょっとハードルが高くなりますよね…

海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化する際の注意点

海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化する際には注意点もありますので、押さえておきましょう。

現金を引き出す際に手数料がかかる

例えば、シティバンクを利用する場合、現金化業者が日本のシティバンクの口座に入金し、現金を海外のシティバンクから引き出す際には手数料がかかります。
また、1日に引き出すことができる限度額も決まっているため、大金を引き出す場合には、数日かけて引き出さなければならなくなります。
もちろん、1回毎に引き出すための手数料が取られます。

クレジットカード現金化の手数料
クレジットカード現金化の手数料って何?手数料の中身と手数料を抑える現金化業者の選び方とはクレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。 ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」...
盗難に遭うことも

日本でも銀行のATMで盗難に遭ったことがある方はいるでしょうが、おそらく海外での発生件数よりもはるかに低い数でしょう。
全ての国とは言いませんが、海外ではATMでお金を引き出している最中に盗難に遭うケースは昔から非常に多いです。
単純に銃を突きつけられて「金をよこせ」と言われるケースもあれば、数人がかりでターゲットを取り囲み、ターゲットの気をそらした途端にグループの1人が現金を盗むなど、用意周到なスリをするケースなど、本当に頻繁にある事件なのです。
現金を引き出す際に、日本のATMを利用する感覚でやると、こういった犯罪に巻き込まれるケースもあり得るので、十分に注意しなければなりません。

ここがポイント!

夜間や人通りが少なすぎる場所、もしくは、治安の悪いと言われている場所でのATMの利用は避けましょう。

クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターン
クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターンならないパターンの現金化がある?「クレジットカード現金化」の文字を耳にしたり、見かけたりすることが最近増えていますよね。 クレジットカードさえもっていれば、手っ取り早...

海外でクレジットカード現金化は利用できるの?

海外からクレジットカード現金化をすることは不可能ではありませんが、ややハードルが高いことがわかりましたよね。

「だったら、現地でクレジットカード現金化をすれば良いのだ!」と、なりますよね?

では、海外でクレジットカード現金化は利用できるのでしょうか。
海外でクレジットカード現金化
結論から言うと、海外でもクレジットカード現金化は行われています。
ただし、カード大国と言われているアメリカやカナダ、それにお隣韓国と比較しても、カード大国とはまだ言えない日本の方がクレジットカード現金化は進んでいます。
逆に言えば、それだけ日本はまだ現金化社会であるということが言えますよね。

では、海外でクレジットカード現金化をしようと思った時にはどのようにして行えばよいのか、利用法については次項でお伝えしていきましょう

海外でクレジットカード現金化する方法

では、海外でクレジットカード現金化する際にはどんな方法で行われているのかを見ていきましょう。

例えば、お隣韓国の例を挙げてみましょう!

クレジットカードを利用して商品を購入した後、買取業者に商品の買取を依頼します。
買取業者は手数料のみを差し引いて、残りは利用者に還元するというシステムになっています。

つまり、日本と同様のやり方というわけです。

他にも、アメリカやカナダ、中国、香港などで同じようなやり方でクレジットカード現金化は行われていますよ
クレジットカード現金化の方法
クレジットカード現金化の方法(業者でする方法・自分でする方法)正しい業者の選び方もご紹介!「クレジットカードのキャッシング枠も使い切っちゃったけど、現金が必要!」 「現金が必要だけどサラ金とかの金融業者にお金を借りるのは怖い...

海外で現金化業者を利用してクレジットカード現金化する際の注意点

海外で現金化業者を利用してクレジットカード現金化するとなった際には以下の点をご注意ください。
クレジットカード現金化する際の注意点

手数料が高い

日本の現金化業者を利用すると、優良業者であれば、換金率は80%以上で、平均換金率は75%前後となっています。
また、悪徳業者ともなれば70%どころか60%以下、もしくはもっと低い換金率を提示する所もあります。
ところが、海外で現金化業者を利用してクレジットカード現金化をするとなると、どの国でも換金率が最高でも70%台なのです。

日本でも現金化の手数料はキャッシングなどよりも高いことが一般的ですが、海外ではそれ以上であることがわかりますよね
海外で発行されたクレジットカードは利用できない可能性がある

日本でクレジットカード現金化した場合、日本国内の企業が発行したクレジットカードでないと決済システムが対応していないこともあります。
もしかしたら、海外でも同じように、日本で発行されたクレジットカードには決済システムが対応していないこともあり得るので、クレジットカード現金化自体が利用できない可能性もあります。

「海外でクレジットカードを作っちゃえばいいか」と、思った方、そんな甘い話じゃないんです

どうしても海外でクレジットカード現金化をスムーズにしようと思っている方は、海外でクレジットカードを作成すれば良いかと思うかもしれません。

しかし、海外で銀行の口座を開けるのも、基本的には留学ビザなり何なりの長期滞在許可証が必要です(観光ビザ・パスポートのみは不可能)。
さらに、クレジットカードを作りたいとなっても、外国人の場合、(収入がある)就労ビザがあっても作成できないことがほとんどですので、現実的に無理だと考えておきましょう。

悪徳業者に引っかかる恐れもある

簡単に現金が手に入るクレジットカード現金化だからこそ、落とし穴は色々ありますよね。
日本の現金化業者の中にも悪徳業者は存在します。
というよりも、悪徳業者の方が優良業者よりもはるかに多いです。
特に、換金率を低く設定(法外な手数料を取る)している現金化業者は海外にも存在しますので、十分に気をつけなければいけません。
日本語でホームページが出ている海外の現金化業者なんてほとんどありませんし、日本ほどクレジットカード現金化が普及していないので、短時間で優良業者を見つけるのは非常に難しいことでしょうが、優良業者を利用しないと、海外でトラブルに巻き込まれてしまいます。

海外でもクレジットカード現金化はグレーゾーン、もしくは違法

日本では、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、ただのグレーゾーンではなく、ダークグレーともいえる行為であることは間違いありません。
また、カード会社との規約違反にあたる行為です。
海外でもグレーゾーン、もしくは違法にあたる行為で、お隣韓国においては、現金化(韓国語でカードゥカン)は与信専門金融業法により禁じられている違法行為となります。

ここがポイント!

現地でのクレジットカード現金化に対するリスクについてもしっかりと押さえておかないと、海外で現金を手にするどころか、海外の警察にお世話になる羽目になるかもしれません。

海外で現金が欲しい時にはキャッシングと現金化どちらがおすすめ?

クレジットカードを利用した「現金化」には2つのやり方があります。
それが、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化と、キャッシングです。
海外でクレジットカード現金化
そもそも、クレジットカードには通常、以下の2つの枠があります。

・ショッピング枠
・キャッシング枠

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して行うもので、全てのクレジットカードについている「枠」です。
そのため、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化の方が利用しやすいのですが、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化は、カード会社との規約に反する行為です。

一方のキャッシング枠を利用した「現金化」は、カード会社も認めているカードの利用法です。

キャッシング枠を利用するメリットはこちら!

・手数料がキャッシング枠を利用した現金化より安い
・カード会社との規約違反ではない
・現金化業者に頼らなくて良い

ここがポイント!

ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化よりも断然簡単でお得なのがキャッシングです。
このことから、当然、海外で現金が欲しい時にはキャッシングを利用するのがおすすめですし、クレジットカード現金化は決しておすすめできない行為です。

海外でもクレジットカード現金化が問題になっているって本当?

日本ではクレジットカード現金化が問題になっていますが、海外でも問題になっているのでしょうか。

もちろん、海外でもクレジットカード現金化は問題になっています!

例えば、韓国です。
日本人は一般的に、お金をもらったらすぐに使ってしまうタイプよりも貯金しておくタイプが多いですが、韓国人は一般的にもらったお金はすぐ使うタイプが多いと言われています。
そんなこともあり、現金がなくて困っている人も少なくないのでしょう。
先ほどお伝えしたように、クレジットカード現金化ももちろん流通しているのですが、最近では、クレジットカードを利用した現金化以外の方法も増えてきていており、例えば、カジノの顧客に提供されるコンプポイントを違法に現金化したりしていて、現地の警察が捜査に当たっている状況です。

また、日本では、在日系が多い関西だと、日本人ではなく、在日外国人が外国人をターゲットにした現金化業者(店舗型)を運営していることがよくあるようです。
こういった場所では、クレジットカードの情報を盗むなど、色々なトラブルが発生しているようですので、日本人であるならばあえてこういった現金化業者を利用しない方が良いでしょう。

海外で現金を得るための方法

海外で現金が必要になった時、何もクレジットカード現金化を利用しなくても良いのです。
では、クレジットカード現金化以外に海外ではどんな方法で現金を手に入れることができるのかを見ていきましょう。
海外で現金を得るための方法

キャッシングを利用する

海外に行った際には両替所で両替するのではなく、キャッシングを利用している方も多いのではないでしょうか。

キャッシング枠は、ほとんどのクレジットカードについていますが、中にはついていないものもありますし、利用できる人とできない人がいますのでご注意いただきたいのですが、現金化業者に頼らずに現金を手に入れることができます。

やり方は簡単!

1.ATMを見つける
2.クレジットカードをATMに入れて「引き出す」
3.現金が手に入る

やり方は銀行の口座からお金を引き出すのと同じ感覚です。

ただし、注意することがあります。

ATMに「対応しているクレジットカードの銘柄」が記されているので、それに対応するクレジットカードを使用してください。
また、キャッシングには手数料がかかり、カード会社によって手数料は異なりますが、16~20%が相場となっています。
さらに、基本的にショッピング枠よりもキャッシング枠の方が利用可能額は低いので、額が大きくなった時にはキャッシングだけでは足りないかもしれません。

日本から海外送金してもらう

海外送金サービスを利用すれば、家族や友人などに頼んで日本国内にある銀行から送金し、海外で現金を受け取ることができます。
また、インターネットバンキングユーザーの方なら、ご自身の口座にログインして、そこから海外送金サービスを利用して現金を受け取ることも可能です。

現金を受け取りに行く時には身分証が必要になるので覚えておいてくださいね(海外にいるなら必ずパスポートはあるはずなので、それでOK!)

ただし、海外送金の手数料は銀行によって異なりますが、数千円単位でかかりますので(送金する側が支払う)、送金する相手が払ってくれるのか、あなた自身が後日その分を返金するのかもはっきりさせた上で利用しましょう。

持っているものを中古買取ショップで売る

クレジットカード現金化と似ていますが、現金化目的で商品を購入して中古買取ショップへ売るのではなく、既に持っているモノを売って現金を得る方法もあります。
例えば、売っても良いと思うような服や靴を古着屋に行って売ることもできますし、持ってきた本(日本語)を古本屋で売ることもできます。
日本人が多く住む国や地域であれば日本語の本や日本のブランドの服を良い値段で買い取ってもらえる可能性も高いです。
あまりお金にはならないかもしれませんが、ハイブランドの商品を売るのであれば、商品によっては数万円単位の現金が手に入る可能性もあります。

現地の人にお金を貸してもらう

現地の人に頼んでお金を貸してもらう、もしくはもらう手もあります。
日本だとそんなことあり得ないと、思うかもしれませんが、それは、あまり宗教的な観念が無いからです。

ところが、海外は違うんですよ!

ニュースを見ていてもわかると思いますが、戦争の原因のほとんどが、土地の奪い合い、もしくは宗教の違いなどによるものばかりですよね。
海外に行くと、ある宗教に基づいた考えた方を貫いている方は少なくありません。
例えば、カトリックでは、困っている人を救うという教えがありますから、こういった宗教の人に見知らぬ人が「お金を貸してほしい」と言えば、お金を貸してくれることもあるのです。
本当に現地でお金に困ってしまったならば、現地の人にお金を貸してほしいと頼むのも1つの手段です。

海外で現金に困らないための方法

せっかく海外に遊びに行ったり、海外で暮らし始めたというのにお金でトラブルがあるなんて嫌ですよね。
では、海外で現金に困らないためにはどうすれば良いのでしょうか。
海外で現金に困らないための方法

多めに現金・トラベラーズチェックを持っていく

やはり、万が一に備えて多めに現金やトラベラーズチェックを用意しておくことが一番でしょう。

紛失しても安心のトラベラーズチェックですが、最近ではトラベラーズチェックを換金してくれるお店が減ってきているので要注意です。

できれば、海外へは現金を多めに持っていく方が無難だと言えるでしょう。
世界的に換金可能であるUSドル(キューバでは換金率が非常に悪くなるか、受け付けてくれないので注意してください)かユーロを持っていくと、換金に困ることはありません。

ただし、現金をたくさん持ち歩いていることがバレれば盗難やスリに遭う危険性もあるので、現金はしっかりと管理するようにしてください。

旅行のプランをしっかり立てておく
海外旅行のプランをしっかり立てておくことで無駄な出費が出ないようにすることもできますよね?

例えば、1日目はビーチに行って、その後レストランで食べて、次は有名な水族館に行って…と、細かくプランと予算を立てておき、それに合わせて現金を準備すれば、現金が必要になる機会も少ないでしょう。

予算よりもちょっぴり多めに持っておくともっと余裕が出ますよ
ここがポイント!

事前に行こうとしている場所はクレジットカード対応なのか現金のみしか対応いないのかなどを調べておくと、急に現金が必要になることもないでしょう。

海外でクレジットカード現金化をしないよう多めに現金を持っていく

日本でもそうですが、海外でも、海外から日本の現金化業者を利用してクレジットカード現金化をすることはおすすめしません。
なぜなら、日本同様クレジットカード現金化はリスキーなことですし、海外では日本のようにスムーズに現金化できる状況がそろっていないからです。
海外で余分な現金が必要にならないよう、前もってどのくらい海外でお金を使うのかプランを立て、さらに、予算よりも多めに現金を持っていくのがベストです。

日本には十分に現金がある方はキャッシングを利用するのもおすすめです
RELATED POST