クレジットカード現金化の読み物

商品券を使ってクレジットカード現金化をする方法|商品券の現金化のリスクも押さえておこう!

商品券を使ってクレジットカード現金化をする方法

「商品券を使ってクレジットカード現金化すれば、お金になりそう」、「商品券を使ったクレジットカード現金化の方法が知りたい」、「商品券をもらったけど現金の方がありがたいから換金したい」なんて考えている方は少なくありません。

商品券でクレジットカード現金化できれば、ちょっとゆとりのある生活ができそうですよね?

商品券を利用したクレジットカード現金化の方法や商品券を利用したクレジットカード現金化のメリットデメリットについてもお伝えしていきます。

クレジットカード現金化の方法
クレジットカード現金化の方法(業者でする方法・自分でする方法)正しい業者の選び方もご紹介!「クレジットカードのキャッシング枠も使い切っちゃったけど、現金が必要!」 「現金が必要だけどサラ金とかの金融業者にお金を借りるのは怖い...

商品券を利用してクレジットカード現金化はできる?

商品券を利用したクレジットカード現金化はできるのかどうかをチェックしていきましょう。
商品券を利用してクレジットカード現金化
結論から言うと、商品券を利用したクレジットカード現金化は可能です。
しかし、厳密に言えば、商品券を利用したクレジットカード現金化はほぼできないといえます。

「どっちだよ!」と、ツッコみたくなりますよね?理由をお伝えしますね

そもそも、クレジットカード現金化というのは、クレジットカードで現金化するための「商品」を購入することが必要となります。
しかし、基本的に商品券をクレジットカードで購入することはできません。
「じゃあ、もう商品券を使ったクレジットカード現金化はできないってことじゃん」と、諦めるのは早いですよ。

実は、クレジットカードで購入できる商品券もあるので、次項でお伝えしていきますね

クレジットカードで購入できる商品券一覧

クレジットカードで購入できる商品券のラインナップはこちらです!

・JCBギフトカード
・VJAギフトカード
・三菱UFJニコスカード
・UCギフトカード

では、それぞれのギフトカードの特徴を見ていきましょう!
JCBギフトカード

国際カードブランドのであるJCBが発行しているJCBギフトカードはクレジットカードで購入することが可能です。
しかし、購入の際には、必ずJCBが発行しているJCBカードで購入する必要があります。

「JCBカード」と言っても色々ありますが、例えば、楽天カードや各航空会社が発行しているJCBのクレジットカードではJCBギフトカードを購入できないので注意してください。

VJAギフトカード

VJAギフトカードを購入することができるクレジットカードは、VJAやオムニカード協会(加盟各社含む)が発行しているVISAカードやマスターカードブランドが対象となっています。
JCBカードはJCBが発行するクレジットカードのみが対象となりますが、楽天カードのVISAブランドのクレジットカードなども利用できるので、どんなVISAやマスターカードのクレジットカードを持っている方でも購入可能な商品券(ギフトカード)です。

三菱UFJニコスカード

三菱UFJニコスカードはDCカードやMUFGカード(UFJカードを含む)、NICOSカードで購入可能な商品券(ギフトカード)です。

しかし、それ以外のクレジットカードでは購入できませんので注意してください。

UCギフトカード

UCギフトカードは、例えば、労金カードサービスや第一生命カードサービス、三井住友トラスト・カードなど、UCカードグループ会社が発行しているクレジットカードのみご利用いただけます。

どこのカード会社が発行したクレジットカードかわからないという方は、クレジットカードの裏面に記載されているので確認してみてくださいね

商品券(ギフトカード)の購入方法

上記でご紹介したようなギフトカードをどのようにして購入できるのか、ご紹介していきますね
オンライン

ご紹介した、クレジットカードでも購入できる商品券のほとんどはオンラインでの販売に対応しています(現金でも大丈夫です)。
また、オンライン対応している商品券の中でもサイト上で必要なことをすべて入力して購入完了となるものもあれば、ギフトカードデスクに電話して、現金かクレジットカードで支払いを行い購入するやり方もあります。

実店舗

ギフトカード販売店で購入する方法もあります。
店舗名は「◯◯ギフトカード販売店」などの店名ではなく、チケットショップや本屋さん、もしくは観光センターなどでギフトカードも扱っているという感じなので、ギフトカードを専門に販売しているお店ではないケースがほとんどです。

金券ショップ

金券ショップとは、都心の大きな駅(渋谷や新宿駅など)の周辺でよく見るなと思った方も多いでしょう。
その名の通り、金券や商品券、ギフトカードだけでなく、新幹線の回数券やレジャーチケットやコンサートチケット、株主優待券など、様々な金券やチケットを取り扱っているショップのことです。

金券ショップは、ギフトカードを通常販売価格(券面額)よりも多ければ数百円程度安い金額で購入できるメリットはあるのですが、 クレジットカードの支払いには対応していません。

そのため、厳密にはクレジットカード現金化ではありませんが、商品券を購入することは可能です。

商品券をクレジットカード現金化する方法とメリットデメリット

クレジットカードで購入した商品券を現金化する方法を見ていきましょう。

それぞれの方法を利用するメリットデメリットについてもお伝えするのでチェックしてくださいね

中古買取ショップで買い取ってもらう

中古買取ショップで買い取り
商品券をクレジットカード現金化する方法として最も利用されている方法が、中古買取ショップへ持ちこむという方法です。
それこそご紹介したような金券ショップ、もしくはブランド物など、高価なものを買い取っている業者・ショップへ持っていくと、その場で査定・換金という流れになります。

古本屋やリサイクルショップで不要になった本や服を売る時と同じ流れだと思っていただければイメージしやすいですよ

金券ショップであれば、大都市の大きな駅周辺にはいくつもありますから、いつもそういった大きい駅を通勤などで利用している方は会社帰りなどによることもできるので便利です。

ただし、中古買取ショップや金券ショップでの買取り価格は店舗によって異なります。
査定額に不服があればその時点で買い取りを中断して問題ありませんので、買い取り額に納得のいく業者を利用しましょう。

それでは、中古買取ショップで買い取ってもらうメリットデメリットについても見ていきましょう

中古買取ショップで買い取ってもらうメリット

対面手続きだから安心感がある

中古買取ショップでの現金化は、スタッフと対面で手続きが行われるので安心感があります。
買取金額に不満を感じたりすれば、すぐさまそこで取引を中断することも可能ですし、スタッフが何か不正を行っていないか確認しながら取引ができるのも来店しての手続きだからこそです。

その場で現金がもらえる

中古買取ショップを利用すれば、取引終了後その場で現金をもらうことができます。
金融機関の口座番号を教える必要もないので、最低限の個人情報しか教えなくて良いというのもうれしいですよね

高く買い取ってもらえる可能性がある

中古買取ショップでの現金化は現金化業者やオークションを利用するよりも手数料は少なくすむ可能性があるため、商品券やギフトカードを高く買い取ってもらえることもあります。

中古買取ショップで買い取ってもらうデメリット

クレジットカードが利用停止になる可能性がある

中古買取ショップでクレジットカード現金化を行う最大のデメリットはクレジットカードが利用停止になる可能性があることです。

なぜクレジットカードが利用停止になる可能性があるのかについては後程詳しくお届けしますね
営業時間内に来店しなければならない

オークションは24時間いつでもどこでもネット環境さえ整っていれば出品可能です。
しかし、中古買取ショップを利用する場合、24時間営業の場所もあるでしょうが、圧倒的にそうでないショップの方が多いので、営業時間に来店しなければいけません。
また、来店自体が面倒となる方も多いでしょう。

ちなみに、出張買取をしてくれるショップもありますが、商品数が多い方や大きなサイズの商品を売りたい人の利用に限られていることが多いです
買い取り額が低い可能性がある

中古買取ショップでの換金率は店舗によって異なります。
そのため、念入りに調査せずに適当な中古買取ショップで現金化すると、手数料を高くとられて買い取り額が低くなる可能性があります。

中古買取ショップを利用するのは簡単かもしれませんが、損をしないためには調査が必要なので、利用までにある程度時間がかかるといえるのです
クレジットカード現金化の手数料
クレジットカード現金化の手数料って何?手数料の中身と手数料を抑える現金化業者の選び方とはクレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。 ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」...

オークションやフリマアプリを利用する

オークションやフリマアプリを利用
「わざわざ店舗に行って買い取ってもらうのは面倒だな」と、思われる方も多いでしょう。
そんな方は自宅など、どこにいても簡単に利用できるオークションやフリマアプリで商品券を出品することも可能です。

ただし、オークションやフリマサイトでは、商品券の類の出品を禁止しているところもありますので、そうではないオークションやフリマサイトを利用しましょう。

オークションやフリマサイトを利用した商品券の出品にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

オークションやフリマアプリを利用するメリット

いつでも出品できて来店の手間がない

中古買取ショップを利用すると、営業時間内に来店しなければならない手間がありますが、オークションやフリマアプリを利用すれば24時間365日、いつでもどこでもインターネットとスマホさえあれば出品可能なので、便利です。

高く売れる可能性がある

基本的に商品券はクレジットカードで購入することはできません。
そのため、オークションやフリマアプリを利用して商品券をお得に手に入れて現金化しようと考えている方もいますし、単純にお祝い用に商品券を少しでも安く手に入れようと考えている方もいるでしょう。
商品券は需要が高いので高く売れる可能性があるのです。

オークションやフリマアプリを利用するデメリット

手数料を払わなければならない

ヤフオクにしてもメルカリにしても、出品するだけなら手数料はかかりませんが、出品した商品が落札・販売されたら手数料を払う必要があります。

現金が手に入るまでに時間がかかることがある

オークションやフリマアプリを利用した場合、落札者や購入者は現金で商品代金を金融機関へ振り込むのが基本となっています。
中古買取ショップのようにその場で現金が手渡されるわけではないため、現金が手に入るまでに時間がかかります。

中には数日かかってしまうこともあるので、現金がすぐにでも欲しい方には向いていない現金化の方法かもしれませんね

商品券の現金化でクレジットカードが利用停止になる理由

商品券のクレジットカード現金化はハッキリ言っておすすめできない行為ですし、とてもリスキーです。
その理由はクレジットカードが利用停止になる可能性が高いからなのですが、なぜクレジットカードが利用停止になってしまうのでしょうか。
商品券の現金化でクレジットカードが利用停止

クレジットカード現金化はカード規約に違反する行為だから

「クレジットカード現金化」という言葉はよく耳にしますし、口コミ評判などを見ておわかりの通り、多くの方が利用しています。
「ちょっと怪しい」と、思いつつも、たくさん利用している人がいれば「やってみたい」と、思いますよね。
しかし、クレジットカード現金化はカード規約に違反する行為なのです。

ここがポイント!

カード規約とは、クレジットカードを作成する際にカード会社がカード利用者へ求める条件が記載されたものです。
「クレジットカードを作成してもらった=カード規約に承認した」ことになります。

カード会社は現金化対策を強化しているから

世界的にクレジットカード現金化をする方が増えていて、お隣韓国では大問題ともなっています。
そのため、カード会社は現金化に対しての対策を強化しており、ちょっとでも「異変」があれば、すぐにクレジットカードの利用を停止します。
特に、換金性の高い商品を購入したり、普段よりも決済額が高かった時にはカード利用停止となる可能性は高いです。

ちなみに、換金性の高い商品とは以下のようなものです

新幹線の回数券
・金券(図書カードやビール券など)
・商品券
・ゲームの本体
・ブランド物のアイテム

ここがポイント!

こういった商品を複数回、さらに頻繁に購入すると、どんどんカード利用停止リスクは高くなります。

特にJCBとAMEXは厳しいので要注意!

中でも現金化対策を強化しているのが、JCBとAMEXです。
JCBとAMEXは、独自に異常を検知するシステムを導入しているため、他のカードブランドよりもクレジットカード現金化に対して厳しいので十分に注意しなければなりません。

カードが利用停止
クレジットカード現金化でカードが利用停止になるのはどんな時?利用停止にならない方法は?韓国やアメリカほどではないにしても、日本もクレジットカードはかなり普及し、ほとんどの方がクレジットカードを持っていますし、複数枚所有して...

クレジットカードが利用停止になったらどうなるの?

クレジットカードが利用停止になったらどうなるのかも押さえておきましょう。
クレジットカードが利用停止
まず、クレジットカードが利用停止になると、カード会社から連絡が来ます。
現金化していないことを証明するためには通帳のコピーなどをカード会社へ送付しなければならず、必要書類をカード会社がチェックし、現金化していないと認められればカードは再び利用できるようになります。

しかし、現金化していると利用者自身が認める、もしくはカード会社が現金化していると判断した場合には次のような状況となってしまいます
クレジットカードを強制解約させられる

クレジットカードを強制解約させられ、もちろん、クレジットカードもはく奪されます。

残債の一括返済

クレジットカードを強制解約させられると、返済していない分の使用額、つまり残債をカード会社に一括返済させられます。
現金化を利用している方の多くが十分な現金を持ち合わせていない人ばかりです。
そんな状況で一括返済を求められ、当然ながらクレジットカード現金化に頼ることもできないとなると、非常に苦しい思いをするであろうことは想像できますよね。

新しいクレジットカードをしばらく作成できない

クレジットカードをはく奪されても新しいのを作ればよいと思うかもしれません。
しかし、カードの信用情報はすべてのカード会社で共有している部分もあり、現金化してカードをはく奪された方は「ブラックリスト」に登録され、同ブランドのカードはもちろん、他のブランドのクレジットカードでも、しばらくは新たに作成することはできません。

自己破産できない

クレジットカード現金化による自己破産は法律で認められていないため、クレジットカード現金化もできず現金をなかなか手にすることができない、しかし、借金を返済しなくてはいけない状況が続き、もう絶対に返済できないとなっても、最後の一手が利用できません。
借金地獄は続いてしまうのです。

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化したら自己破産できない理由は?対処策はないの?弁護士に依頼しても不可?インターネット広告でもよく目にするようになった「クレジットカード現金化」ですが、様々なクレジットカード現金化業者もあり、急遽お金が必要に...

商品券を利用したクレジットカード現金化はカード利用停止になるリスクが高い!

商品券を利用したクレジットカード現金化は非常に危険です。
理由は、現金化がカード会社にバレやすく、現金化はカード規約に反しているため、カード会社に現金化していることがバレるとクレジットカードは利用停止となるからです。

ここがポイント!

クレジットカード現金化をするなら商品券ではなく、換金性の高い商品を購入しないキャッシュバック方式を採用している優良業者で現金化するとリスクを抑えることができます。

RELATED POST