クレジットカード現金化の読み物

クレジットカード現金化を金融庁が取り締まる?経済産業省も動いている?その事実に迫ってみた!

クレジットカード現金化を金融庁が取り締まる

クレジットカード現金化を利用したことがある方は少なくないでしょう。
なぜなら日本だけでなく海外でも問題となっている行為で、中でも日本のクレジットカード現金化普及率はトップです。
そんな現金化ユーザーを揺るがすような「金融庁がクレジットカード現金化の取り締まりを行う」という噂が流れました。

ここがポイント!

本当に金融庁ではクレジットカード現金化を取り締まっているのでしょうか。
また、経済産業省でも現金化に対して動きがあるという話題の真相に迫っていきたいと思います。

クレジットカード現金化って?現金化の2つのやり方

クレジットカード現金化には主に2つのやり方があるのでご説明したいと思います。
クレジットカード現金化って
まず、クレジットカード現金化というのは、クレジットカードに付随しているショッピング枠で「商品」を購入し、購入した商品を業者に買い取ってもらうことで現金を得る方法です。

それでは、クレジットカード現金化の2種類の方法を見ていきましょう
クレジットカード現金化の方法
クレジットカード現金化の方法(業者でする方法・自分でする方法)正しい業者の選び方もご紹介!「クレジットカードのキャッシング枠も使い切っちゃったけど、現金が必要!」 「現金が必要だけどサラ金とかの金融業者にお金を借りるのは怖い...
商品買取方式

商品買取方式は、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、中古買取ショップなどへ持ち込んで現金をその場で受け取るやり方です。

不要となった服やバッグなどをリサイクルショップや古着ショップに売る方法と同じような感じですよ

商品買取式はショップに商品を持ち込む以外にも郵送や自宅に商品を取りに来てもらう方法もありますが、すべての業者で行っているわけではないので、利用したい方は事前に利用できる業者を探しておかなければなりません。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は、現金化業者から指定されたサイトで換金性の低い商品(無価値の商品)をクレジットカードで購入します。

ネットショッピングする時と同じやり方です

クレジットカードで購入した商品に対してキャッシュバックされるという「名目」で、カード決済確認後、現金が指定口座に振り込まれます。
基本的に、インターネットのみで運営している現金化業者ではキャッシュバック方式が採用されており、来店不要となっています。

現金化の申し込みがメールや電話1本でできちゃうので、自宅にいながら簡単に現金を手にすることができます

クレジットカード現金化における5つのリスクと注意点

クレジットカード現金化は審査も来店も不要なので、気軽に利用できるのがメリットです。
しかし、そんな気軽にできるクレジットカード現金化はとてもリスキーな行為なのです!
クレジットカード現金化における5つのリスクと注意点をチェックしていきましょう。

クレジットカード現金化審査
クレジットカード現金化に審査は不要!その理由とは?本当に審査不要?「審査」をする業者はブラック? なぜなら、現金化業者のホームページなどをチェックしてみると、「審査・来店不要」なんて記載があるからです。 金融機関にお金を借りると...
現金化業者は一切リスクを伝えていない

現金化業者だけでなく、商売をする上でデメリットとなるようなことはどんな業者も伝えることはありませんよね。
そうすることで売り上げは落ちるからですが、現金化業者の場合、利用者に注意を呼びかけなければいけないのに、注意を喚起する業者はほぼ皆無です。

・カードトラブルゼロ
・安心安全
・セキュリティ対策もばっちり

こんな文言を見たことがありませんか?

利用も簡単で、その上安全にすぐさま現金が手に入るなら、喉から手が出るほど現金が欲しい人にはたまらない文句です。
まるで、クレジットカード現金化は正当な行為のように感じられる言葉ばかり並べてリスクがあることを伝えない、そして、何も知らない人は現金化業者で損をしてしまうのです。

クレジットカードの利用停止リスクがある

クレジットカード現金化の最大のデメリットであり、リスクがこちらです。

あなたもきっと聞いたことがありますよね?

クレジットカードが利用停止になる可能性があるということです。
クレジットカード現金化はカード会社で禁止されていて、カード規約にも「現金化禁止」と、記載されており、クレジットカードを持っているあなたは、この禁止事項にカード作成時同意しているのです。

ここがポイント!

もし、カード会社に現金化していることがバレてしまった場合、カード利用停止となり、その後、ハッキリと現金化していると証拠が取れれば、カードを強制解約させられ、クレジットカードははく奪、さらに、残債を一括返済させられることもあります。

「それなら新しいクレジットカードをどこか別の会社で作ればいいだけじゃん」なんて、思っていたら大間違いです!

別のカード会社で新しいクレジットカードを作成することもしばらくできなくなります。
なぜなら、いわゆるブラックリストに登録されてしまうため、どのカード会社でも審査が通らなくなってしまいます。

カードが利用停止
クレジットカード現金化でカードが利用停止になるのはどんな時?利用停止にならない方法は?韓国やアメリカほどではないにしても、日本もクレジットカードはかなり普及し、ほとんどの方がクレジットカードを持っていますし、複数枚所有して...
詐欺の被害に遭うこともある

現金化業者の8割が悪徳業者だと言われているほど、クレジットカード現金化を行っている業者に優良な業者は少ないのです。
「悪徳」と言ってその悪徳ぶりには色々な手法がありますがので一例をご紹介しましょう

・現金化利用者のクレジットカード情報を盗んで現金を盗みとったり、クレジットカードを使って買い物される

・換金率が異様に低い
通常、クレジットカード現金化の換金率は70~75%ですが、悪徳業者の場合、40%台など、法外な手数料を取る所があります

・入金されない
換金率が低すぎるならまだ良いのかもしれません。カード決済後に振り込まれないケースもよくあり、現金を得るどころか、無駄なお金を払う羽目になります

・無駄な手数料を請求される
A社で現金化できないと言われ、紹介されたB社で現金化した後に、A社に対して紹介手数料を請求するなどの手口がありますが、一切払う必要はありません!

こういった被害例があります。

では、この後あなたはどうしますか?

おそらく、カード会社や警察に助けを求めるでしょう。
しかし、どちらも、相手にしてくれません。
なぜなら、違法ではなくてもカード会社では禁止されている行為であり、場合によっては法律に触れる可能性もあるからです。
つまり、カード会社へ訴えた場合、禁止されているクレジットカード現金化を行ったことが発覚するため、強制解約させられることとなるでしょうし、警察に相談した場合、罰金を科されることもあるのです。

つまり、泣き寝入りするしかないということになります…
クレジットカード現金化で詐欺
クレジットカード現金化で詐欺に遭った!体験談とやり口を徹底検証クレジットカードの現金化は、自分ですることも可能ですが、現金化業者を利用することにより、手間なく短時間で、さらに高い換金率で現金化をする...
借金地獄に陥る可能性は大!

クレジットカード現金化は収入がない無職の方でも、クレジットカードさえ持っていれば利用することができる便利な手段です。
しかし、収入も貯金もないのに現金化を行い続ければ借金は増えていきます。
また、収入がある方でもクレジットカード現金化を利用し続ければ、カード会社への返済に追われることとなるでしょう。
さらに、カード会社へ返済ができないために、またクレジットカード現金化を利用し、そのお金でカード会社へ返済することを繰り返していれば、借金地獄への道は避けられませんし、借金の額は膨らむ一方です。

自己破産は認められない

クレジットカード現金化を利用しすぎたことによって借金が膨らみ、もう返済できないとなった場合、恐ろしい末路がまっています。
一般的に、もうこれ以上返済できないとなった際の手段として自己破産する方法があります。
しかし、クレジットカード現金化による自己破産は法律で認められていません。
借金地獄から抜け出したくても最終手段を使うことができないので、返済地獄の状態は完済するまでずっと続きます。

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化したら自己破産できない理由は?対処策はないの?弁護士に依頼しても不可?インターネット広告でもよく目にするようになった「クレジットカード現金化」ですが、様々なクレジットカード現金化業者もあり、急遽お金が必要に...

金融庁がクレジットカード現金化の取り締まりをする?!

クレジットカード現金化はとてもリスクがある行為であることはわかりましたが、それに対して金融業が取り締まりを行うとの噂の真実について見ていきましょう。
金融庁がクレジットカード現金化の取り締まり
結論から言うと、2020年7月時点で、金融庁がクレジットカード現金化を取り締まっている事実はありません。

つまり、ただの噂というわけです

そもそも、なぜこんな噂が流れたのかと言うと、消費者庁や国民生活センターにクレジットカード現金化に関する相談事例が増加したことが挙げられます。
そのため、金融庁がクレジットカード現金化を取り締まるという噂が流れましたが、閣議後記者会見で当時の内閣府特命担当大臣は、平成22年現在、取り締まりの実施は考えていないと断言しています。

ちなみに、こんなやりとりもなされましたので、ご覧ください

質問者:クレジットカード現金化業者について、一部報道で金融庁が現金化業者を貸金業とみなし、無登録業者として取り締まる方向で検討しているかのような報道がありましたが、それについての事実確認と、大臣としてのクレジットカードの現金化業者に対する方針を聞きたいのですが…

大臣の回答: 指摘されたような決定を経済産業省との間に決定した事実はありません。
法の適用はあくまで個別の判断によらざるを得ず、クレジットカード現金化については取引類型や関係者の関与、認識の形態が様々であるなどから、貸金業を含め、一般論としての法律上の成否を現時点で一概に申し上げることはできないと考えています。
ただし、いずれにしても金融庁としては、利用者保護の観点から重大な関心を持っていくということだけは、(貸金業法の)所管の大臣としてお伝えしておきます。

つまり、クレジットカード現金化業者は無登録の貸金業者として取り締まりをするべきではないかという質疑に対して大臣は否定しているのです。

なぜクレジットカード現金化を取り締まらないの?

クレジットカード現金化はカード会社との規約違反となるため、法的にも取り締まってよいのではないかと思われますよね?
しかし、これができない事情があるのです。

ここがポイント!

クレジットカード現金化を取り締まれない事情とは、簡単に言ってしまうと、クレジットカード現金化をしていると、決定づけることができにくいからです。

クレジットカード現金化は商品の売買によって、買取金やキャッシュバック代として現金を手にいれる方法ですが、見た目はただの商品売買です。
そのため、クレジットカード現金化をしていると、はっきり断言することは難しいのです。

「どういうこと?」と、思われた方のために例をご紹介しましょう

クレジットカード現金化をするために、ブランド物のバッグを購入し、買取ショップに売り、現金を得ました。
現金化した本人はクレジットカード現金化目的であることは当然心得ていますが、ショップのスタッフ、また、カード会社にとっては「普通のショッピング」を行って不要になったためにその商品を売ったと捉えることができます。
最近のカード会社はかなり厳しくなっているので、普段は買わない高級アイテムを購入したとなれば、一旦クレジットカードを利用停止とすることもあります。
その後、利用者にカード会社から電話がかかってきて、「現金化しましたか?」と問われ、利用者が「いいえ」と答えた上に、現金化したという証拠が100%掴めなければ、再びカードが利用できるようになります。
もちろん、何度も同じことを繰り返していればカード利用停止や強制解約のリスクは避けられませんが、逃げ道はあるのです。
無店舗型の現金化業者を利用しても、カードの明細書には現金化業者の名前ではなく、サイト名が出たり、暗号化されていて、換金性の高い商品を購入しないため、カード会社には普通のネットショッピングをしていると思われるだけです。

ここがポイント!

クレジットカード現金化をしているという証拠が取りづらいのが現状で、違法にしたくてもできないのです。

金融庁や経済産業省ではクレジットカード現金化に注意を呼びかけている

金融庁はクレジットカード現金化の取り締まりを現時点では行っていませんが、経済産業省と共に注意を呼び掛けています。

こんなイラストを見てみましょう

クレジットカード現金化注意
クレジットカード現金化がどれだけ危険なものか、そして、使い方を間違えるととんでもない被害をもたらすのかがわかる内容となっています。

前述したようなリスクが現金化には付きまとうことがわかっていただけましたか?

ですから、クレジットカード現金化を利用するのではなく、他の現金の手に入れ方を利用するべきです。

例えば、こんな方法があります

・副業をする(クラウドソーシングなどで隙間時間に仕事)
・フリマアプリやネットオークションを利用して不用品を売る
・ポイントサイト・アプリを利用する
・家族や友人に借金する

そもそも、簡単に現金を得ることなんてできないことはご存知の通りです。
そして、上記のいずれの方法でも試したけど、自分の必要な金額をすぐに手にすることができないというならば、優良な現金化業者を利用しましょう。

次項では有料と言われているおすすめの現金化業者をご紹介していきますので、お楽しみに!

ここなら安全!優良現金化業者5選

最近は現金化業者も安全に利用できるようになっていますが、中でも優良とされる、安全性の高い現金化業者をいくつかピックアップしてみました。

スタークレジット
換金率は一律85%という、驚異の数値を誇るのがスタークレジットです。
もちろん、今までカードトラブルは一切ありませんし、お客様満足度、口コミ評価や電話応対満足度、さらには女性ユーザーの数でナンバー1の実績を誇っています。

結構穴場なので、ぜひ押さえておいてくださいね

どんなときも。クレジットの会社概要
創業10年の実績と利用者が自身で換金率を選ぶことができることを特徴とする現金化業者です。
口コミ評判ももちろん良く、おすすめの優良業者として現金化利用者の間ではよく知られています。
気になる換金率も80%以上と、まさに優良業者です。

和光クレジットの会社概要
ホームページを見ていただいても、スタッフが写真付きで紹介されていたりと、信頼度が高い現金化業者です。
しかも、6年連続利用者数ナンバー1、現金化サービスランクは最高ランクを得るアンド、実績も豊富です。
20万円以上の現金化利用者は、2020年7月現在92%の換金率が保証されているのもおすすめポイントとなっています。

24キャッシュ
24キャッシュも、他の優良業者同様、換金率は平均80%以上と、法外な手数料を取らない優良業者です。
振り込みスピードも速く、専門アドバイザーがつくなど、サービスもばっちりで、利用者満足度が高い現金化業者となっています。

ただし、「24キャッシュ」ですが、24時間営業ではないのでご注意を!

ハピネス
換金率や口コミ評判、それに、接客対応や振り込みまでのスピードなど、どれをとっても完璧ともいえる満足度の高い現金化業者です。
24時間365日営業しているので、どんなライフスタイルの方にも利用しやすく、会社概要がクリアな点も、非常に信頼のおける業者だと言えるでしょう。

クレジットカード現金化はリスキーだけど必要なら優良業者を利用しよう!

クレジットカード現金化は、金融庁や経済産業省で注意を呼び掛けていますが、特に取り締まるような事実はありません。
しかし、クレジットカード現金化はカード規約に反する行為であり、極めてグレイな取引です。
利用はおすすめしませんが、利用しなければ現金が得られないという方は、ご紹介したような優良業者を利用し、安全で損しないクレジットカード現金化を行ってください。

RELATED POST