クレジットカード現金化は何のためにするの?現金化がリスキーな理由と安全な利用方法は?

クレジットカード現金化は何のため

「うわ、お金がない!よし、クレジットカード現金化しちゃおう!」
「期日までに必要な現金がない…クレジットカード現金化すれば何とかなるだろう」

クレジットカード現金化を利用する方たちはこんな風に思っている方が多いです。
しかし、そもそも何のためにクレジットカード現金化をするのか、クレジットカード現金化をしたことがない方にとっては不思議ですよね。

そこで、ここでは

  • クレジットカード現金化を何のためにするのか
  • クレジットカード現金化をする際のリスク
  • どうしてもクレジットカード現金化をする時の対処法

について紹介していきます。

この記事を読めばどんな目的でクレジットカード現金化しようとしているかわかります。また、クレジットカード現金化についても理解することができるので必見ですよ
目次

クレジットカード現金化を何のためにするのか

クレジットカード現金化を何のためにするのか
そもそもクレジットカード現金化を何のためにするのかというと、以下のような理由が挙げられます。

急遽お金が必要になった

クレジットカード現金化を利用する方のほとんどが急遽お金が必要になったため。

例えば、今までこんなことはありませんでしたか?

  • 冠婚葬祭が続いて出費がかさんだ
  • 家賃など払わなければならない費用を期日までに用意できない
  • ショッピングしすぎた

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で「商品」を購入して現金に換える方法です。
たとえ口座に残高がなくても、クレジットカードのショッピング枠で買いものをすれば後日支払いとなる時間差(仕組み)を活用しています。

つまり、クレジットカードのショッピング枠に残高があれば誰でも利用できるんです

手持ちの現金が不足している際に、不足分を補うため利用されています。

キャッシング枠が利用できない

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。

キャッシング枠とはカード会社から借り入れできる枠のこと。
ほとんどのクレジットカードに付随していますが、ついていないものもあります。
また、借り入れとなるため、支払う際には各カード会社が定めている手数料も支払う必要があり、平均15~20%と決して安くはありません。

ショッピング枠は普段ショッピングでカード決済した時などに利用する枠のこと。
実店舗であってもオンラインショップであっても、クレジットカード決済をした際にはショッピング枠が自動的に利用されています。

ここで注目したいのがキャッシング枠!

「なんでクレジットカードにキャッシング枠がついているのにショッピング枠を利用してクレジットカード現金化をするのだろう?」と思いませんか。
答えは、キャッシング枠が利用できないからです。
キャッシング機能がないクレジットカードはもちろん、キャッシング枠は上限金額が決まっているため、上限に既に到達してしまった方はキャッシング枠を利用できません。
そのため、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化を利用するのです。

誰からも「借金」したくない

クレジットカード現金化は借金ではないと言われています。
確かにそのようにとらえることもできますが、クレジットカードを利用した時点でカード会社があなたの代わりに支払っている状態であるため、一時的にカード会社へ借金していることになるのです。
消費者金融から借りるのはもちろん怖いイメージもあるでしょうから嫌でしょうし、友人や家族にお金を貸してほしいと頼むのも迷惑がかかるからしたくない方は少なくありません。
こういうタイプの方は、クレジットカード現金化が「借金ではない」から利用するのです。

信用情報に傷をつけたくない

消費者金融などで借金をすれば信用情報に傷がつきます。

その結果、こんなことになった人も…

  • ローンが組めない
  • クレジットカードが作成できない
  • 転職しにくくなった

信用情報に傷がつくと、いわゆるブラックリストに登録されてしまいます。
そのため、長い間クレジットカードを作ることができないなどの障害が出てくることを知っている方は、リスクを避けようとクレジットカード現金化を利用するのです。
クレジットカード現金化であれば審査は不要、しかも簡単に現金が手に入り、信用情報に傷がつかないとされているので安心ですよね。

ところが、この考えが間違っているのです。後程クレジットカード現金化のリスクで詳しく教えますね

面倒な手続きをしたくない

クレジットカード現金化のメリットをまずは見てみましょう。

クレジットカード現金化のメリット
  • 審査不要
  • クレジットカードがあれば誰でも利用可能
  • 即日現金が手に入る

現金化業者のホームページなどにもよく書かれていますが、「即日入金」「振込まで5分」といった魅力的な言葉が飛び交っていますよね。
クレジットカード現金化をすると、初回は30~60分、2回目以降となるともっと早く現金を手にできることも少なくありません。
本人確認はありますが、会社に在籍確認をするようなこともなければ収入証明書などを提出することもないため、とても簡単・スムーズに取引ができます。
面倒な手続きを踏まなくていいため、クレジットカード現金化を利用する方も多いです。

クレジットカード現金化をする際のリスク

クレジットカード現金化をする際のリスク
前述したようにクレジットカード現金化は早ければ30分ほどで現金を手に入れることができるとても簡単な現金の入手方法です。
しかし、現金化は決して安全なものではなくリスキーな行為となります。

なぜ現金化がリスキーなのか、理由を見ていこう!

クレジットカード現金化のリスク
  • クレジットカード停止のリスクがある
  • 借金地獄になる可能性がある
  • 詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある

何だか穏やかではない単語が並んでいますが、詳しい内容を見ていきましょう

クレジットカード停止のリスクがある

クレジットカード現金化の最大のリスクがカード利用停止となる恐れがあることです。
現金化業者のホームページには安全・安心などと掲げられていますが、クレジットカード現金化はそもそもカード会社が禁止している行為で、違法に近い行為ともいえます。

では、カード会社に現金化していることがバレたらどうなるのでしょうか?

カード会社に現金化していることがバレればクレジットカードを一時利用停止にされ、現金化した証拠が取れたらカードの強制解約、残債を一括返済させられ、少なくとも数年間は新しいクレジットカードを他社でも作成することはできません。

クレジットカード現金化は信用情報に傷がつかないから利用している方もいますが、カード会社にバレた際には信用情報に傷がつきますのでご注意ください。

借金地獄になる可能性がある

「クレジットカード現金化は借金ではないと言われているのになぜ借金地獄になるの?」と思われましたか。
前述した通り、クレジットカード現金化は一時的にカード会社があなたの支払いを肩代わりした状態であるため、完済するまでは借金している状態となります。
完済できればまだ問題はありませんが、クレジットカード現金化の手数料は非常に高いです。

平均すると25%前後、優良現金化業者でも手数料は15~20%とられちゃうんですよ

キャッシング枠の手数料が平均15~20%であることを考えると、クレジットカード現金化の手数料の高さが良くわかりますよね。
しかも、悪徳業者に引っかかってしまうと手数料を50%以上とられるなんてこともあるんです!

さらに、期日までにカード会社に返金できなければ利息がどんどん増えていきます。
現金化を繰り返すと借金地獄になり、自己破産の文字が頭に浮かんでくるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化による自己破産は法律で認められていないため、借金地獄から抜け出すことはできませんので覚えておいてください。

詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある

現金化業者の80%以上が悪徳業者だと言われています。

つまり、優良業者がほとんど存在しない業界なのです!

詐欺やトラブルに巻き込まれたケースは残念ながら少なくありません。
例えば、こんなトラブルがありました

  • 現金が入金されなかった
  • 法外な手数料をとられた
  • 個人情報を売られた
  • 脅された

どのトラブルもニュースなどになっていないだけで、クレジットカード現金化では日常茶飯事に起きていることです。
クレジットカード現金化をしっかりと理解していないのに利用する方や現金化業者選びをほとんど行わなかった方、それに高額商品を使った取り引きを行う現金化業者を利用した方などは詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなっています。

次項では、どうしてもクレジットカード現金化をしなければならない時、安全に利用する方法を紹介しましょう

どうしてもクレジットカード現金化をする時の対処法

クレジットカード現金化はリスキーであり、カード会社の規約違反となる行為であるため決しておすすめできない行為です。
しかし、どうしてもクレジットカード現金化を利用しなければならない状況になった場合、次のことを意識すると安全な現金化ができます。

  • クレジットカード現金化をしっかりと理解する
  • 現金化業者調査は徹底的にする
  • キャッシュバック方式の現金化業者を利用する
それでは詳しい内容を見ていきましょう!

クレジットカード現金化をしっかりと理解する

クレジットカード現金化は、言ってしまえばクレジットカードで商品を購入して換金してもらうだけ。
確かにその通りではあるかもしれませんが、クレジットカード現金化をしっかりと理解していないと大きなリスクを抱えることとなります。

前述したように、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、極めてグレイな行為です。

なぜならカード会社がカード規約で禁止している行為であり、カード会社に現金化がバレた際にはカード利用停止だけでなく、カードをはく奪、強制退会させられて残債を一括返済する義務が発生し、信用情報にも傷がつきます。

運よく現金化していることがカード会社にバレなくても、クレジットカード現金化は非常に手数料が高いです。
繰り返し利用し続けていると借金地獄に陥る可能性は高くなり、自己破産したくてもできないのは伝えたとおりです。
こういったリスクについてしっかりと把握し、納得した上でクレジットカード現金化は利用しましょう。

現金化業者調査は徹底的にする

現金化業者のほとんどが悪徳業者であり、優良業者は非常に少ないです。
クレジットカード現金化を何のために行うのかというと、ほとんどの方は今すぐ現金が必要なのに手元にないからであることはわかりましたよね。

つまりはお金が1秒でも早く欲しくて焦っている方ばかりということ

焦っていると人間はあまり考えずに動いてしまいます。
そのため、現金化業者選びをしっかりとせずに適当に見つけた業者を選んでしまう方もすごく多いです。
しかし、これが失敗の元となります。
適当に見つけた現金化業者を利用したことで詐欺やトラブルに巻き込まれることは少なくありませんし、カード会社に現金化したことがバレてしまう可能性もアップします。

トラブルなく安全にクレジットカード現金化を利用したいなら徹底的に現金化業者をリサーチしてください。

ここがポイント!
現金化業者のホームページからも安全かどうかは見抜けますし、口コミや比較サイトをしっかりリサーチすれば優良業者はすぐに見抜けますよ。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する

クレジットカード現金化には商品買取式とキャッシュバック方式と呼ばれる2つの方法があります。
商品買取式は、換金性の高い商品をカードで購入するため、現金化に敏感なカード会社に現金化がバレやすいハイリスクな方法です。
一方、キャッシュバック方式は換金性の低い商品を購入して現金化するため、現金化はバレにくくなっています。

もちろん、リスクがゼロとは言えませんが極めてリスクは少ないので安全度が高いんです

ですから、クレジットカード現金化を行う際には商品買取式ではなくキャッシュバック方式の現金化業者を利用しましょう。

ここがポイント!
インターネットのみで運営する現金化業者はキャッシュバック方式で、店舗を構えた現金化業者は商品買取式がほとんどなので覚えておいてくださいね。

クレジットカード現金化を利用するならしっかり理解して計画的に使おう

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば誰でも簡単に現金を手に入れることができます。
しかし、その裏にはリスキーなことがたくさんあることがこの記事ではわかっていただけたはずです。
クレジットカード現金化の利用はおすすめしませんが、利用する際には現金化についてしっかりと理解し、返済できる範囲で計画的に利用しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる