クレジットカード現金化の読み物

クレジットカード現金化に審査は不要!その理由とは?本当に審査不要?「審査」をする業者はブラック?

クレジットカード現金化審査
「クレジットカード現金化は簡単に誰でもできてすぐに現金が手に入る」ものという意識の方が多いですよね?

なぜなら、現金化業者のホームページなどをチェックしてみると、「審査・来店不要」なんて記載があるからです。
金融機関にお金を借りるとなると、必ず審査に通過しなければならないですが、これが結構難関ですが、クレジットカード現金化は審査がなく現金が手に入ると言われています。

ここがポイント!

「そんなうまい話があるの?」と、思われるでしょうが、クレジットカード現金化には審査がありません。
その理由やクレジットカード現金化について詳しくご紹介していきます。

クレジットカード現金化するのに審査がないって本当?

クレジットカード現金化する際には本当に審査が不要なのかについてお答えいたします。
クレジットカード現金化するのに審査
結論から言うと、クレジットカード現金化をする際にはクレジットカードに入会する時に行う以下のような審査はありません。

・年収証明
・(職場への)在籍確認
・家族への確認

上記のような審査がクレジットカードを作る際には必要となりますが、クレジットカード現金化を行う際には一切必要ありません。

その理由については次項でお伝えしていきますね

クレジットカード現金化はなぜ審査がないの?

クレジットカード現金化はなぜ審査が必要ないのか、その理由について迫ってみました。

クレジットカード現金化は審査がない理由は、単純に貸金業ではないからです。
金融機関を利用して現金を得るには「お金を借りる」行為にあたるため、審査が必要です。
クレジットカード現金化は「お金を借りる」わけではないので、審査が不要なのです。

そもそも、クレジットカード現金化は、あなた自身のクレジットカードを使って「商品」を購入します。
その商品を現金化業者に「売って」現金に換える方法がクレジットカード現金化です。
ただし、これは商品買取式で、インターネットのみで運営しているような現金化業者はキャッシュバック方式が採用されています。
キャッシュバック方式だと、「商品を売る」のではなく、クレジットカードで「商品」を購入することまでは同じですが、購入してくれたことに対して現金化業者が利用者にキャッシュバックで「プレゼント」すると、思っていただくとわかりやすいです。

ここがポイント!

そのため、キャッシュバック方式では一般的に購入した商品を最終的に利用者が受け取ることになります(後日指定住所へ配送されてきます)。

もう1つ理由があります。
それは、あくまで現金化業者の取り引きは、カード会社と商品の販売会社との関係であり、現金化業者は利用者との仲介役として利用者から手数料を取って利益を出しています。
さらに、クレジットカードを持っているということは、既にクレジットカードを発行する際に個人の信用情報はカード会社で審査済みの状態です。
クレジットカードが利用できるかどうかはすべてカード会社の定義に基づいてます。
そのため、仲介役である現金化業者は、直接個人の信用情報などを必要とする立場ではないのです。

現金化業者にとってクレジットカードのショッピング枠さえ利用できれば良いので、審査は不要なのです
クレジットカード現金化の手数料
クレジットカード現金化の手数料って何?手数料の中身と手数料を抑える現金化業者の選び方とはクレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。 ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」...

クレジットカード現金化では何をするの?

クレジットカード現金化を利用する際に審査はありませんが、クレジットカードを作成する際にもやる、ある「審査」はあるのです。

それは、本人確認です。
クレジットカード現金化の利用前にも本人確認は必ず行われます。

ここがポイント!

というのも、クレジットカード現金化は、古物営業法に基づいた営業を行っている(通常ならば)のですが、古物営業法には中古商品の買取の際には必ず本人確認を義務付けているためです(商品買取式)。

また、キャッシュバック方式の現金化業者でも、安全のために必ず本人確認を行っています。
本人確認をして、利用者本人であることが確認できれば、後は普通にクレジットカードを使ってショッピングする流れと同じで、決済確認後、現金化業者から現金が振り込まれます。

クレジットカード現金化の流れと手順
クレジットカード現金化の流れと手順|メリットデメリットや注意点についても教えます!審査もなく、即日現金を手にすることができるクレジットカード現金化は今とても注目されています。 そんなあなたの疑問を解決する...

クレジットカード現金化を利用する際に必要なものは?

クレジットカード現金化を利用する際に必要なものを押さえておきましょう。
クレジットカード現金化を利用する際に必要なもの

必要なアイテムはこちら!

・クレジットカード
・身分証明書
・メールアドレス

ほとんどの方が既に持っているものがほとんどですよね?

クレジットカードは、どの現金化業者でも複数枚利用することは可能です。
ただし、クレジットカードのショッピング枠に残高がないとクレジットカード現金化はできませんので、ショッピング枠に余裕があるクレジットカードが必要です。
また、身分証明書に関しては、以下のようなものを用意してください。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証

いずれかであれば、必ず持っていますよね?

本人確認の際には、この身分証の両面の写真と、身分証と一緒の自撮りショットを現金化業者へ写メするかFAXを受け付けている業者も中にはあります。

さらに、メールアドレスですが、電話で申し込みされる方も必要です。
というのも、現金化業者を利用する際には、初回利用時に現金化業者から現金化に関する説明がメールで送られてくるからです。
LINE対応している業者もあるのですが、そうでない業者もあるので、メールアドレスは用意しておきましょう。

もちろん、インターネット環境が整っていることもマストとなりますよ

クレジットカード現金化は誰でも利用できるもの?

クレジットカード現金化は誰でも利用できるものなのでしょうか?

クレジットカード現金化は誰でも利用できるもの?
基本的に、クレジットカード現金化は本人名義のクレジットカードを持っている方であれば誰でも(無色でも専業主婦であっても)ご利用いただけます。
しかし、次に該当する方はご利用いただけません。

・未成年者
・他人名義のカードを利用して現金化しようとしている人
・ショッピング枠に残高がない人

どの現金化業者でもクレジットカード現金化は成人(20歳以上)の方のみがご利用いただけます。
成人であれば、無職でもフリーターでも学生の方でもクレジットカード現金化は可能です。
また、クレジットカードの名義が他人名義であったり、家族カードの場合もご利用いただけません。

ちなみに、クレジットカードではなく、デビットカードやプリペイドカードは利用できるの?と、思われた方もいるでしょうが、それらにはショッピング枠はありませんから、使用できません

さらに、クレジットカードはあってもショッピング枠に残高がない場合も、もちろんクレジットカード現金化はできませんのでご注意ください。

上記以外にも私は現金化できるのかなと思った方の中には、こんな方もいませんか?

誰かに変わって代理でクレジットカード現金化をされる方です。
例えば、家族に頼まれたなんて方もいるでしょう。
ハッキリって、この件に関しては現金化業者次第なのです。
中には代理の方であっても現金化することができる現金化業者もあるのですが、必ず事前に相談するようにしてください。

クレジットカード現金化で無駄な「審査」を要求する業者はブラック!

クレジットカード現金化で本人確認以上の「審査」をされそうになったなんて方は注意してください。

クレジットカード現金化で無駄な「審査」を求めてくるのは、悪徳業者です。
クレジットカード現金化時には本人確認のみが必要です。
実は、中にはクレジットカードの画像も必要だと言ってくる現金化業者はいて不安になる方もいるかもしれませんが、キャッシュバック方式の場合、本人確認の一環で行われていることなのです。

ここがポイント!

ただし、求めない現金化業者もあるので、もし、クレジットカード画像を渡したくないなら、画像不要の現金化業者を利用した方が良いでしょう。

絶対に求められたら取引を中断してほしい場合が、クレジットカードのセキュリティコードを請求してくる業者です。
セキュリティコードはクレジットカード現金化では必要のないものなので、質問してくる業者は悪徳業者だと思ってください。

審査はないけどクレジットカード現金化はリスキー

クレジットカード現金化は本当に審査も来店も不要だということがわかりましたよね。
簡単に現金が手に入るならクレジットカード現金化を利用しようと思ったかもしれませんが、クレジットカード現金化は注意が必要です。
クレジットカード現金化はリスキー
そもそも、クレジットカード現金化は違法行為ではありませんが、極めてグレーゾーンであり、カード会社との規約に反する行為であることを覚えておいてください。
カード会社にクレジットカード現金化していることがバレたら、まずはクレジットカードが一旦利用停止となります。
現金化していると、カード会社に判断されれば、当然カードははく奪、残債を一括返済させられた上に強制解約となり、一定期間新しいクレジットカードをどのカード会社でも作成できなくなります。
そうなれば、クレジットカード現金化はもちろんのこと、金融機関での借り入れもできませんので、非常にリスクのある行為なのです。

ただし、クレジットカード現金化におけるリスクを避ける方法もあるので、次項で詳しくお伝えしていきましょう
クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターン
クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターンならないパターンの現金化がある?「クレジットカード現金化」の文字を耳にしたり、見かけたりすることが最近増えていますよね。 クレジットカードさえもっていれば、手っ取り早...

クレジットカード現金化でリスクを抑える4つの方法

クレジットカード現金化はカード規約に反する行為であり、カード会社に現金化していることがバレればカード利用停止リスクがあります。
しかし、そのリスクを抑える方法があるので、お教えいたします。

クレジットカード現金化でリスクを抑える方法
優良現金化業者を利用する

まず、マストともいえることが、優良現金化業者を利用することです。

優良現金化業者とは以下のような現金化業者のことを言います

・安全性が高いこと(カードトラブルがない業者)
・換金率が高いこと
・スタッフの対応が良いこと
・対応がスピーディであること
・(できれば)24時間営業であること

クレジットカード現金化をする上で最も重要なことが安全性です。
創業以来カードトラブルは一切なかったか、クレジットカード現金化していることがバレないような対策(カード明細には購入商品が記号化されているかなど)が取られているかを確認しましょう。
また、換金率の高さも優良業者の証ですし、スタッフの対応が良くてスピーディであれば尚良しです。
さらに、24時間営業であれば、何か問題があってもすぐに連絡が取れるので安心ですよ。

JCBやAMEXのクレジットカードは避ける

日本唯一のクレジットカードブランドがJCBで、日本では積極的に加入キャンペーンが行われていますよね。
しかし、このJCB、そして、AMEXに関しては、他社よりも非常にセキュリティ対策が厳しくなっていて、不正感知システムを用いていることで有名です。
特に、現金対策を強化しているため、少しでも現金化していることが疑わしい場合、カードは利用停止となってしまいます。

JCBやAMEX以外にクレジットカードをお持ちの方は、できればそちらを利用した方がカード利用停止のリスクは抑えることができますよ
キャッシュバック方式の現金化業者を利用する
少しお伝えしましたが、クレジットカード現金化には商品買取式とキャッシュバック方式の2種類あります

商品買取式は高額商品や換金性の高い商品を購入するのが一般的で、そういった商品をクレジットカードで購入していると、すぐにカード会社は現金化していると疑います。
一方、キャッシュバック方式は、換金性の低いパワーストーンなどを購入し、それに対してキャッシュバッグするため、カード会社にバレにくいのです。
ですから、キャッシュバック方式の現金化業者を利用しましょう。

何度も頻繁に利用しない

いくらセキュリティ対策がしっかりしている現金化業者を利用していても、何度も同じ業者で現金化を繰り返していれば、カード会社から怪しいと思われることもあります。
ですから、クレジットカード現金化は何度も同じ現金化業者で頻繁に行わないようにしましょう(最低でも2,3ヶ月はあけた方が良いでしょう)。
これは、現金化を計画的に利用し、無理な返済負担を避けることにもつながります。

クレジットカード現金化は審査不要で簡単だけどリスキーな行為

クレジットカード現金化は金融機関に現金を借入する時のような審査は不要です。
ただし、古物営業法に基づいて本人確認だけは行います。
このように、クレジットカード現金化は手軽に現金を手にすることができるものですが、カード会社との規約違反です。
カード利用停止のリスクがあるため利用はおすすめしませんが、リスクを避けたい場合、上記の「クレジットカード現金化でリスクを抑える4つの方法」を参考にしてください。

RELATED POST