クレジットカード現金化って何?おすすめの現金化業者とリスクについてもご紹介!

クレジットカード現金化

最近インターネット広告などでよく目にする「クレジットカード現金化」の文字。

クレジットカードでどうやって現金化するのだろう?

と、利用したことがない方は意味がわからないでしょうし、経験者であってもその仕組みについて実はよくわかっていない方も多いはずです。

そんな方たちに、ここではクレジットカード現金化とはどのような仕組みで行われるのか、さらに、クレジットカード現金化にはどんなリスクがあるのかなど、気になる情報を解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化って何?

クレジットカード現金化とは?
そもそも、クレジットカード現金化とは一体何なのでしょうか、その意味とやり方について見ていきましょう。

クレジットカード現金化とは、ほとんどのクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が存在します。
キャッシング枠とは、簡単に言えば借金をすることですが、例えば、海外旅行に行かれた際に、手持ちのクレジットカードを空港や街中にあるATMに入れると、あなたの希望した額だけ現地通貨を引き出すことができます。
両替ではありますが、このお金はクレジットカード会社に現金を借りている状態(借金)となります。

一方のショッピング枠は、あなたが日頃から最も利用している方法でしょう。
買い物をする際にクレジットカードを利用することで現金がなくても商品が購入できるのがショッピング枠です。
通常、ショッピング枠はあくまでもカード決済のために使われるものですが、このショッピング枠を利用して現金を入手する方法を「クレジットカードの現金化」と呼んでいます。

クレジットカード現金化の方法
クレジットカード現金化の方法(業者でする方法・自分でする方法)正しい業者の選び方もご紹介!「クレジットカードのキャッシング枠も使い切っちゃったけど、現金が必要!」 「現金が必要だけどサラ金とかの金融業者にお金を借りるのは怖い...

クレジットカードのショッピング枠を利用してどのように現金が手に入るの?

では、実際にクレジットカード現金化をどのように行うのかというと、厳密に言えば、クレジットカードのショッピング枠を現金化するのです。
その方法は主に2つあります。

買取式

買取式はクレジットカードを使ってブランドアイテムや金券のような換金率の高い商品を購入して、それを買取業者に売って現金を得るやり方です。
自分1人で時間をかけずにやれる上に現金を得られる、クレジットカード現金化の中でも手軽な方法とされています。

キャッシュバック式

キャッシュバック式は、現金化業者から安い商品を高額で購入します。
商品を購入した特典として、その業者から現金をキャッシュバックしてもらうという方法です。
インターネットや街で見かける「クレジットカード現金化」の広告は、このキャッシュバック式の現金化業者を指しえていることがほとんどです。

ショッピング枠はキャッシング枠と異なり、お金を借りることにならないため、クレジットカードをもっている方ならクレジットカード現金化は誰でも審査なしに行えます。

クレジットカード現金化は違法行為?どんなリスクがあるの?

クレジットカード現金化は違法行為?
「クレジットカード現金化は違法行為である」という文面を見たことはありませんか。
実際にどうなのか、クレジットカード現金化にはどんなリスクがあるのかについてもご紹介していきます。

結論から言ってしまうと、クレジットカード現金化はグレーゾーンといえます。
というのも、明確に「クレジットカード現金化は法律違反である」とされていないからです。

しかし、ご紹介した買取式と、自分で現金化するという行為は違法の可能性があります。
買取式に関しては、高い商品を購入して別業者に「転売」していることになりますよね。こんなどこでも行われているような方法が違法取引となるのです。

なぜなら、クレジットカードで購入した商品の所有権はすべてクレジットカード会社に属していて、カード保有者がきちんと代金を支払うまではクレジットカード会社からその商品を「借りている」状態となります。
つまり、代金を支払い終わる前に「他人(クレジットカード会社)」の商品をあなたが勝手に売却したことになるので、利用者であるあなたが横領罪に問われる可能性があるのです。

また、カード会社との契約を悪用したことにもなり得るので、その際には詐欺罪となってしまいます。
さらに、買取式は1人で行える現金化の方法で、簡単にできるというメリットはありますが、1人でクレジットカード現金化を行うのも違法な行為とされていますから、この場合、古物営業法(利益目的の商品売買には許可証が必要なのにそれが無いため)に引っかかる恐れがあります。

クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターン
クレジットカード現金化は違法?犯罪になるパターンならないパターンの現金化がある?「クレジットカード現金化」の文字を耳にしたり、見かけたりすることが最近増えていますよね。 クレジットカードさえもっていれば、手っ取り早...
クレジットカードの現金化をするリスクについても知っておこう!

1.手数料で損をしてしまう

クレジットカードの現金化は、クレジットカードをもっている方なら審査なしに簡単に現金を手に入れる方法です。
しかし、買取式でもキャッシュバック式でもクレジットカードで払った額以上の現を手にすることはできません。
つまり、利用すればするだけ負債が増えていくということは覚えておいてください。
また、支払額と手にした現金の差額が、キャッシングで借り入れした際の利息よりも大きいことが多いようです。
クレジットカード現金化は、審査もなく、すぐに現金が入る方法かもしれませんが、確実に損をしている取り引きであるということを忘れないでくださいね。

クレジットカード現金化の手数料
クレジットカード現金化の手数料って何?手数料の中身と手数料を抑える現金化業者の選び方とはクレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。 ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」...

2.犯罪や詐欺に遭ってしまうこともある

先述したように、クレジットカード現金化は、明確に法律で規制されてはいません。
しかし、クレジットカード現金化業者というのはたくさんあり、このような危ない橋を渡る業者の中には、悪質な業者も少なくありません。
現金化の際に使用したクレジットカード情報やあなたの個人情報が盗まれたり、正しい金額が振り込まれなかったりという被害も出ているので、注意しなければなりません。
ある程度利用前に怪しいかどうかホームページから判断することができるのですが、焦っていると、そんなことをいちいちチェックしない方は多いのが現状です。
どうしても現金化業者を利用しなければいけない状態ならば、現金化業者の選び方も気を付けなければならないのですが、これに関しては後程人気の現金化業者をご紹介しますね。

クレジットカード現金化で詐欺
クレジットカード現金化で詐欺に遭った!体験談とやり口を徹底検証クレジットカードの現金化は、自分ですることも可能ですが、現金化業者を利用することにより、手間なく短時間で、さらに高い換金率で現金化をする...

3.クレジットカード会社にバレたら大変なことに・・

そもそも、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為です。
「そんなの知らない」と言っても、クレジットカードを持っている時点で、間違いなく規約にあなたも締結しているので、言い逃れはできません。
もし、カード会社にあなたがクレジットカード現金化したことがバレた場合、利用停止や強制解約されることがあります。
しかも、カードを解約されてしまった場合、これまでの利用額の一括返済を求められる可能性も出てくるので、かなり厳しい状況となるでしょう。
利用額が大きくなればなるほど、日常生活すら困難な状況に陥ってしまうことはすぐにイメージがつくでしょうし、最悪の事態に陥ることもあります。
もちろん、新しいクレジットカードを作ろうにも、既にクレジットカードで問題を起こしたあなたはブラックリストに登録されている可能性は大です。
そのため、簡単には新しいクレジットカードは作れないので、こちらも頭に入れておいてくださいね。

4.自己破産はできません!

クレジットカードの現金化を行うと、本当にお金に困ってしまった時、最後の手段となる自己破産申請が行えなくなってしまう可能性があり、これこそが「最悪の事態」といえるでしょう。
その理由として、クレジットカードの現金化は、「不当な債務負担行為」 とみなされるケースがあり、その場合、裁判所から免責(借金免除の許可)が認められないからです。
クレジットカードの現金化をして一時的に自己破産を逃れることができても、最終的に、もうどうにもならないと思い、自己破産しようとしてもそれすら不可能となることがあるので、安易に手を出すのは避けた方が良いでしょう。

クレジットカード現金化
クレジットカード現金化したら自己破産できない理由は?対処策はないの?弁護士に依頼しても不可?インターネット広告でもよく目にするようになった「クレジットカード現金化」ですが、様々なクレジットカード現金化業者もあり、急遽お金が必要に...

現金化業者にも種類があるの?詳しく教えて!

現金化業者にも種類があるの?
クレジットカード現金化といっても、方法としてはいくつかあることがわかりましたよね。
現金化業者によって異なる種類の現金化の方法を用いているので、代表的なものをお伝えしていきたいと思います。

商品買取式

先述したように、現金化業者が指定した商品を購入し、その商品を売却することで買い取り金額が手に入る方法のことで、ご自身でも簡単に行うことができます。
ただし、この方法が1番クレジットカードの利用停止の可能性が高いものとなっているので要注意です。

キャッシュバック式

買い物代金の一部を特典として払い戻して換金する方法です。
この方式は、携帯・スマホ会社がやっていることも多いです。
クレジットカード現金化の中でも最新のやり方で、商品の価値に関係なく売買することになるため、カード会社に現金化がバレて利用停止になることがなく安全に利用できます。
ただし、クレジットカードの決済手数料が約3~5%かかります

Amazonギフト券買取

amazon.co.jpが発行しているEメールタイプのギフト券がAmazonギフト券で、これを現金化業者に売る方法がAmazonギフト券買取です。
商品の購入はAmazonから行うので、トラブルが起きることはありません。
また、換金率は一律89%で手数料無料にて取り引きをしてくれます。

もう1つ、携帯キャリア決済というものがあり、これはクレジットカードを必要としませんが、ご紹介しておきましょう。
Au、ドコモ、ソフトバンクのいずれかのキャリアをご利用の方は、商品購入の支払い額を電話料金に上乗せして後払いできる機能を使う、これが携帯キャリア決済です。
これによって、現金を調達することができます。

クレジットカード現金化利用時の必要書類と利用の流れをチェック!

クレジットカード現金化利用時の必要書類

クレジットカード現金化利用にはどんなものが必要となるのか、また、どんな利用の流れになるのかを見ていきましょう。

そもそも、クレジットカード現金化利用時には審査はないということは上述した通りです。
「だったら、身分証明書の提示も必要ないよね」と、思われた方も多いでしょう。

しかし、古物営業法により、現金化利用者の身分証明書はチェックしなければならないので、運転免許証やパスポートなどの身分証明書の準備が必要です。

なぜなら、クレジットカードの不正利用や盗品の買取を防ぐ目的があり、身分証明書の確認がなければクレジットカード現金化は違法な取引となるからです。

あなたの身分証の表裏をスマホなどで撮影し、さらに自撮りして現金化業者にそれらをまとめて送ります。
これをやることで、身分証明書とクレジットカード保有者がいっちするかを業者は確認するわけです。

ただし、キャッシュバック式を利用される方は、クレジットカード情報(カードの名義(ローマ字で)、カード番号と有効期限、セキュリティ番号)が求められますので、手元にカード本体を用意しておきましょう。
逆に言えば、キャッシュバック式以外クレジットカード情報は一切伝えずとも処理はできるので、カード情報を聞いてくる業者には疑問を抱いてください(取り引きをやめるのがベスト)。

さらに、Amazonギフト券買取式は、インターネット手続きをする場合、銀行振込時の口座情報が必要です。
銀行名や支店名、口座名義人と口座番号を準備しておいてください。

クレジットカード現金化の大まかな流れもチェック!

買取方式の場合、まずは現金化業者へ電話、メール、もしくはLINEにて現金化を申し込むと、業者からあなたに電話がかかってきます(ただし、対応の早い遅いは営業時間や混雑状況によります)。
その後、業者から求められた書類(上記の身分証明書など)を提出し、その後業者が指定した商品を購入した後、その商品を買い取ってもらって現金をもらう(指定口座への振り込み)という流れになります。

Amazonギフト券買取式の場合、本人確認をするところまでは一緒ですが、その後Amazonギフト券を購入し、購入したギフト券を業者に転送して買い取ってもらい、指定口座位振り込んでもらうという流れです。
ちなみに、1番早い現金化の方法はキャッシュバック式です。
なぜならクレジットカードの決済確認が取れたらすぐに振込が可能となるためです。

クレジットカード現金化の流れと手順
クレジットカード現金化の流れと手順|メリットデメリットや注意点についても教えます!審査もなく、即日現金を手にすることができるクレジットカード現金化は今とても注目されています。 そんなあなたの疑問を解決する...

安心して利用できるクレジットカード現金化業者ランキングTOP5を発表!

クレジットカード現金化には様々なリスクがあることがわかりましたが、どうしても利用しなければいけない状況の方もいるでしょう。
そこで、安心して利用できるクレジットカード現金化業者ランキングTOP5を発表したいと思います。

まずはおすすめの現金化業者5選を発表!

プライムウォレット

プライムウォレット
プライムウォレット土日祝日でも振り込みしてくれる安心の現金化業者は、日本全国どの金融機関でも振り込み・即日入金可能です。
しかも、最大還元率は98%と高水準、きになるサービスや接客対応も抜群と評判なのです。
ホームページの会社概要に、しっかりと所在地も明記されているのは安心材料といえるでしょう。

プライムウォレット

24キャッシュ

24キャッシュ
24キャッシュという店名ですが、決して電話受付は24時間対応ではありませんので、その点はご注意ください。
とはいっても、メール受け付け自体はもちろん24時間受け付けており、365日営業しているので、創業7年と、比較的新しい会社ではありますが、最高換金率は98.8%と、業界最高レベルになっています。
新規のお客様にはキャンペーンもあるので、よりお得に利用することができますよ。

24キャッシュ

あんしんクレジット

あんしんクレジット
24キャッシュ同様、あんしんクレジットも最高換金は98.8%と、高水準です。
土日祝日の振り込みも対応しており、キャンペーンも豊富です(2020年4月現在、換金率5%UPプレゼント実施中です)。
個人情報保護も徹底しているので、あなたの大切な個人情報も漏れることはありません。
これは、現金化を利用する上で、非常に安心できる素材ですよね。

あんしんクレジット

スピードワン

スピードワン
現金化することはリスクを負うことでもあるというのはお伝えした通りです。
誰だってそんなリスクを負いたくありませんよね。
そんな時にチェックするポイントが、かつて現金化でその業者がトラブルを起こしたかどうかなのですが、スピードワンは、ホームページでも「無事故」とうたっているので、安全安心の業者です。
気になる換金率も最高98.7%と最高レベルですし、なかなか対応していないアメックスやダイナースなどのクレジットカードにも対応しています。
もちろん、個人情報厳守で、土日祝日の振り込みにも対応していますので、どんな時にも即入金してもらえますよ。

スピードワン

インパクト

インパクト
最大換金率は98.6%と、わずかながら他の現金化業者には劣りますが、それでも最高レベルです。
しかも、新規申込の方であれば2%換金率UPなど、お得なキャンペーンも行っているので、新規利用者はお得です。
また、インパクトもカード停止トラブルなどの問題を起こしたことがないので、安心してご利用いただけます。

インパクト

現金化業者を比較する際のポイントもチェックしよう!

数あるクレジットカード現金化業者を比較する上でどんなポイントを意識すべきかについて押さえておきましょう。

1.トラブルゼロの業者を選ばないと!

当然ですが、誰だってクレジットカード現金化で問題を起こしたくありません。
ですから、今までその業者が現金化にあたってトラブルがあったかどうかをチェックしてみましょう。
今までトラブルがない場合、ホームページに「トラブル0」と、堂々と掲載している業者がほとんどですから、調べる必要もないでしょう(たまに、ホームページがアップデートされていなくて、その間にトラブルが発生している所もあるかもしれませんが)。
ただ、トラブルの有無が記載されていない現金化業者の場合、口コミなどでチェックして、問題があるようであれば利用は控えた方が良いでしょう。

2.換金率が高い業者を!

何度も言いますが、クレジットカード現金化は、1万円欲しかった場合、1万円手に入れることはできません。
なぜなら、ある商品をあなたが購入して、それを「転売」した際のクライアントの買い値があなたに手に入る額となるからです。
必ず購入した商品の額から手数料が引かれるため、「カードで支払った」金額よりも高い金額が入ることはありません。
そのため、少しでも手数料をひかれないよう、換金率が高い現金化業者を選ぶのがベストです。
換金率は業者によって異なります。
現金化をする際には必ず損してしまうのは先述した通りですが、少しでも損を出さないために、換金率が高い現金化業者を選ぶことはマストです。

クレジットカード現金化の還元率
クレジットカード現金化の還元率は嘘?実際の還元率を調べる方法|高いほうが良いに決まってるじゃん!業者を通してクレジットカード現金化を利用する際に、利用者が最も気になる点が還元率(換金率)です。 なぜなら、誰だって現金化をするならば...
3.24時間営業でいつでも振り込んでくれる業者がのぞましい

そもそも、お金を欲しいと思う時というのはどんな時でしょうか。
大体、給料日前であったり、もう銀行が開いていない、地方であればコンビニも閉まっていて近くにATMがないからお金を引き出せない、それが土日祝日ともなれば、余計に現金をすぐに手にすることは不可能ですよね。
そのため、現金化業者を利用するなら、できれば24時間営業している所であり、土日祝日でどの銀行の口座宛てであっても即日入金してくれる現金化業者がベストです。
そうすれば、どんな状況でも現金がすぐに手に入ります。

4.口コミ評判をチェックして!

ネットに出ている口コミ100%鵜呑みにする必要はありませんし、全てを信じるべきではありません。
ですが、現金化業者を利用する前に、ある程度口コミはチェックしておきましょう。
あなたが今利用しようと思っている現金化業者に対して利用者はどう思ったのか、どんな対応だったのかがそれを見ればすぐにわかりますよね。
あまりに良いコメントしかなかったり、同じような文章であればサクラの可能性もあるので無視して良いですが、良いコメントも悪いものも両方あるのなら、どちらも考慮した上で利用の有無を決めると良いでしょう。

クレジットカード現金化の口コミ
【信用するな】クレジットカード現金化の口コミをチェック!正しい口コミの見極め方と100%信じてはいけない理由クレジットカード現金化を利用する前に口コミや評判をチェックされている方は多いですよね。 「本当にこの口コミって本当?」 「ちょっ...
5.接客対応は?

接客対応の良し悪しは会社の良し悪しを判断する上で1つの大きな判断材料となるでしょう。
もちろん、現金化業者を選ぶ際にもそれが言えます。
時間に余裕があるなら、気になる業者に電話してみて、それぞれがどんな接客対応をするかチェックしてみてはいかがでしょうか。
こちらが質問したらバカにされるかもしれないと思うような質問にも、嫌な声1つ出さずに丁寧に対応してくれれば、社員教育がしっかりしている業者なのだなと、判断することができますよね。

おすすめ現金化業者TOP5を比較してみよう!

おすすめの現金化業者を5つピックアップしましたが、それぞれを各項目で比較していきましょう。

業者名 総合評価 最大換金率 最小換金率 スピード 接客対応 営業時間 安全度 特典充実度 実績
プライムウォレット 5 98% 88% 最短10分 5 4 5 5 お客様満足度97.8%
24キャッシュ 5 98.7% 92% 最短1分 4 4 5 4 現金化優良店ランキング5年連続1位
あんしんクレジット 4 98.8% 88% 最短10分 4 4 4 5 利用者数・換金率1位
スピードワン 98.7% 92% 最短3分 4 5 5 3 カード事故無し
インパクト 4 95% ??? 最短5分 4 4 4 4 カード事故無し

※5点満点評価

ハッキリ言って、完璧なもの(あなたの希望をすべて満たすもの)は当然ながらありません。
現金化業者を利用するなら、最高換金率ばかり気にしてしまいがちですが、これは、100万円以上などの高額な換金をする方に対して適応される換金率ですから、少額の方がこれを意識しても意味はありません。
そこで意識すべきポイントが、最低換金率ですが、これもご覧のようにピンキリです。
また、換金率の良さにプラスして安全度を重視するのなら、さらに状況は変わってきます。
あなたのすべてを満たすような業者はほとんどないということが改めてわかりますが、現金化の際に1番避けたいのがトラブルではありませんか。
リスクのあるクレジットカード現金化を利用するなら、換金率よりも、業者の今までのトラブルの有無をチェックすることをまずは意識しましょう。

クレジットカード現金化を利用するメリットとは

クレジットカード現金化を利用するメリット
クレジットカード現金化をするメリットももちろんありますので、それについても見ておきましょう。

審査が要らないし、簡単に現金をゲットできる!

クレジットカード現金化の最大のメリットはこれでしょう。
審査の必要もないので、今までローンなどで審査に落ちている方でもクレジットカードさえ持っていれば確実に利用できるというわけです。
しかも、最短1分で必要な時に現金を手に入れることができるというもありがたいですよね。

クレジットカード現金化審査
クレジットカード現金化に審査は不要!その理由とは?本当に審査不要?「審査」をする業者はブラック? なぜなら、現金化業者のホームページなどをチェックしてみると、「審査・来店不要」なんて記載があるからです。 金融機関にお金を借りると...
無制限で利用できる?!

キャッシング枠の場合、規制がされているので、利用限度額の年収の3分の1までしか利用できないと制限がかかっています。
しかし、ショッピング枠の現金化は、そういった制限がなく、ショッピング枠の範囲内であれば制限なく現金化できるのです。
といっても、お伝えしたように、利用額が多ければ多いほど損する額が多いので、制限額まで利用することはできても、そこまで利用することは決しておすすめしません。

クレジットカード現金化を利用するデメリットとは

クレジットカード現金化を利用するデメリット
クレジットカード現金化を利用することはおすすめしませんが、改めてクレジットカード現金化を利用した際のデメリットについて押さえておきましょう。

現金化の手数料は安くない

クレジットカードの現金化は手数料が非常に高いです。
インターネットでは「手数料無料」なんてよく見かけますが、それに関して言えば、海外の空港の両替所と同じように、元々ある程度の手数料を差し引いた上での両替額(換金率)を提示しているのです。
しかし、現金化に関しては、さらに諸費用を乗っけた手数料が引かれることがあり、その際には最悪の場合、50%ほどの換金率にしかならない場合もあります。
あまり大きな声では言えませんが、闇金に借りた方が安いといわれることもあるくらいです。

クレジットカードが持てなくなる可能性も大あり!

クレジットカード現金化を行ったことがカード会社にバレると、今まで使った額を一括請求される可能性もあるということはお伝えした通りです。
そもそも、カード利用規約に反した使い方をしていますし、現金化している時点で支払い能力はないと判断されますし、カード会社への信用も失っていますから、クレジットカードを一定期間持てなくなる可能性も十分にあります。
さらに、カードの利用額を払うことがずっとできなければ、自己破産しなければならないことも出てくるでしょうが、そんな時も、クレジットカード現金化を行った人は、できないこともあるので、現金かは手軽にできても、利用をする上で十分注意・考慮しなければならないのです。

クレジットカード現金化に関するFAQをチェック!

クレジットカード現金化に関する疑問はまだまだたくさんありますよね。
そこで、ここではクレジットカード現金化に関するよくある質問に答えていきたいと思います。

さっきから出てくる換金率って何なの?

利用金額に対する入金額の割合を示した数値のことを換金率と言います。
この数値が高ければ高いほど換金率は高くなりますが、何度も言いますが、現金化業者を利用して現金を手に入れれば、100%のお金を手にすることができないので、損することは同じです。
ですから、少しでも高い換金率の現金化業者で取り引きするのが良いですが、そもそも、現金化業者を利用しないことがベストです。

海外でもクレジット現金化は利用できる?

結論から言えば、海外からでもクレジット現金化は利用可能です。
しかし、現金化業者としっかりコンタクトが取れる状況にあることは絶対条件で、不安定な連絡状況にあると、現金化したくても業者からの連絡を受け取ることができないため、利用不可能ということになってしまいます。
既に海外に居住している方の場合、住民票の有無は確認されませんが、最低でも日本の金融機関に口座が必要となります。
ちなみに、日本とまるっきり同じシステムは海外にありませんが、韓国にはそれと似たようなものはありますが、韓国のありとあらゆる情報はもちろん、韓国語に長けていなければ利用は難しいといえます。

現金化による自己破産や不渡りがあるって本当?

何度もお伝えしているように、クレジット現金化は利用するべきではありません。
そもそも、換金率は100%ではなく、常に購入した商品よりも少額の利益しか得られないからです。
1回だけの利用のつもりが、何度も利用したことにより多額の債務を請け負ってしまうこともありますし、それがもう支払えない状態という時に自己破産したくても、「不当な債務負担行為」 とみなされ、裁判所から免責が認められことがあるからです。
自己破産や不渡りで済めばまだよいのです、自己破産もできない状況になったら、どこにも逃げ場はなくなってしまいます。

カードローンを利用した方が良いの?

結論から言えば、クレジット現金化よりもカードローンを利用する方が良いでしょう。
なぜなら、それは合法だからです。
それに、結局はクレジット現金化の方が手数料は圧倒的に高いので、クレジットカードのキャッシング枠を利用したり、カードローンを利用した方に対して手数料がかかるのは同じですが、現金化よりも安く、安全性が高いので、現金化するよりもおすすめです。
といっても、返済能力がない方がキャッシングを使い続ければ結局は借金地獄になるので、これに関しては使い方を心得ている方が対象となります。

現金化ができる商品ってどんなものがあるの?

現金化ができる商品
ここでは、あなた自身で現金化できる方法やその商品についてご紹介してきましょう。

Amazonギフト券を利用して現金化する

おそらく、Amazonを知らない方はいないでしょう。
世界で活躍する大手通販サイトですが、Amazonのサイトから購入できるギフト券で、上述したように、これを現金化業者に転売することもできますが、さらに安全に行うのであれば、ネットオークションで販売すると良いでしょう。
オークションでは8~9割ほどの金額でやり取りがされています。

今の時代ならでは!アプリで現金化することもできる!

有名な現金化アプリが「CASH」です。
いわば質屋アプリともいえるもので、あなたが現金と引き換えに担保にするものを選択し(ブランドアイテムや金券など)、お金を振り込んでもらう(コンビニ受け取り)というものです。
ただし、すでに手元に担保にする商品がなければ利用することはできません。

クレジットカード現金化を自分でする方法
クレジットカード現金化を自分でする方法とおすすめ商品!リスクや注意点もご紹介!クレジットカード現金化は、現金化業者を利用する方法だけではありません。 実は、自分でもクレジットカード現金化することはできるのです。 ...

クレジットカードが利用停止にならために知っておくべき3つのポイント

クレジットカードが利用停止にならために
リスクがあることはわかりつつも、やはりクレジットカード現金化を利用しなければならない状況のあなたのために、カードが利用停止ならないよう、リスクを回避する現金化業者選びのポイントをご紹介しておきましょう。

危険度調査アンケートをチェック!

クレジット現金化を行ったらどんな人もすべてカード利用を停止されるというわけではありません。
利用者のほとんどがそういったトラブルには遭ってはいません。
なぜバレなかったかというと、「カード会社が気づかなかった」からです。
つまり、カード会社にバレなければクレジット現金化も安全に行うことができるのです。
安全な現金化ができるかどうか、以下のアンケートに答えてください。

  1. 換金率さえよければ良いと思っている
  2. キャッシング枠を使いきってしまった
  3. 自分自身で現金化することに非常に興味がある
  4. カード会社への支払いを遅延することがある
  5. とにかく現金が欲しい
  6. 現金化について調べるのは面倒

これらにYESかNOで答えていただき、YESの数が多ければ多いほど、現金化するリスクが高くなります。
むしろ、1つでもYESがあった場合、カード停止のリスクもあり得るので、利用は控えた方が良いといえるでしょう。

カード会社は現金化を監視していることを忘れずに!

最近、クレジットカード会社から連絡がきたことはありませんか。
カードを悪用される前にカードにおかしな動き(通常と異なる動き)があったら、その時点でカードが利用停止にされることがあります。
これは、大きなリスクやトラブルを避けるためですが、それだけカード会社もおかしな動きに目を光らせているということです。
中でも、ショッピング枠が急激にアップした方、キャッシング枠を使いきった方や返済が遅延している方は目をつけられており、クレジット現金化を監視しています。
これを聞いて見覚えがあるという方もいるでしょう。
正当にクレジットカードでショッピングをしたのに、普段よりも大きな金額の買い物だったため、次に購入しようとしたらカード決済ができなくなり、カード会社に確認したら普段よりも利用額が多かったためにカードを停止したと、言われたことがある方はいますよね。
正当なショッピングであれば、すぐにカードの利用が可能になりますが、怪しい点があれば、カード会社からマークされる可能性はあります。

法人運営の現金化業者を利用すればリスク軽減

法人運営の現金化業者を利用することでなぜカード利用停止のリスクが軽減できるのかというと、トラブルを回避するためにクレジットカードの安全対策が強化されているからです。
さらにリスクを回避するために、安全なキャッシュバック式が採用されているというのも大きな特徴です。
これを採用することで、カード会社からは現金化目的の取引かどうかを判断することができないというメリットがあり、利用停止を避けることができるのです。

カードが利用停止
クレジットカード現金化でカードが利用停止になるのはどんな時?利用停止にならない方法は?韓国やアメリカほどではないにしても、日本もクレジットカードはかなり普及し、ほとんどの方がクレジットカードを持っていますし、複数枚所有して...

クレジットカード現金化をするならリスク回避の方法を頭に入れて優良業者を利用しよう!

クレジットカード現金化はできればおすすめしたくない方法です。
しかし、どうしても現金を今すぐ手に入れなければならないのならば、「優良な」現金化業者を利用することです。
上記でご紹介したおすすめの業者をチェックしていただき、さらに、クレジットカード現金化につきもののリスクを少しでも避けるための方法も押さえた上で利用してください。
また、返済の目途が立った状態で現金化することも問題回避につながるので、この点も押さえておきましょう。